初日に平手で打たれ、食事を抜かれる

gladiolus2009 による 6. マロンの場合 への投稿 (6. マロンの場合)
タグ:, , , , , ,

2009-07-27 23:27:55 | マロンの里親宅体験記

次に委託されたB宅では、到着して荷物を片付ける前に、
里親に「我が家のルール」の説明を受けました。

起床時間、洗濯物の分別方法、ゴミの分別方法、入浴の曜日と時間、
入浴時のシャワーは禁止、身体や頭髪を洗う際は浴槽の湯を汲んで使う事、
湯は洗面器3杯までしか使ってはならない事、
自分の事は自分でする事、家の手伝いをする事、
家の中を走ってはならない、大声を上げてはならない、
里親の家にある物は彼らの許可なく手を触れてはならない、
ティッシュペーパーも許可なく使ってはならない、
勝手にテレビを点けたりチャンネルを変更してはならない、
許可なく部屋の照明を点けてはならない等々、、
細々したルールがありました。

移動と旅と緊張の連続に、私は疲れていましたが、お腹は空いていました。
夕食の美味しそうな匂いがすると、匂いに釣られて食堂に入って行きました。

テーブルの上には、既に何品か副菜が並んでいました。
吸い寄せられるように近付き、食卓の椅子に着こうとすると、

「何やってるの!」女里親が怒鳴りました。

突然の事に驚いて、彼女の顔を見上げました。

「椅子に座って良いと、誰が言ったの?」

私は早速ミスを犯してしまったと気付きました。
しかし何故彼女が怒ってるのか理解できませんでした。

「誰が言ったのかと聞いてるんだよ?」

「誰も言ってません」

「じゃあ、何故座ろうとしたの?」

私は何も言えませんでした。
うつむいて、立ち尽くすだけでした。

「あたしの許しがないのに、あんたは座ろうとした。何故かと聞いてるんだよ?」

里親は怒鳴り、私は泣き出しました。

「泣けば済むと思ってるの? うちでは通用しないよ」
「根性を叩き直してやる」
「今日は食事抜きだ。部屋に戻りなさい」

何故怒られてるのか分からず、すすり泣く私に、
里親は更に大きな怒号を浴びせました。

「部屋に戻れ!同じ事を二度も三度も言わせるな!!」

そう言って、平手で私の横面を打ちました。

私は泣きながら部屋に戻りました。

B宅で迎える最初の晩は、そうして過ぎて行きました。

広告
コメント
  1. gladiolus2009 より:

    頭が冷えました (ノブ)
    2009-07-28 09:49:30

    はじめまして。
    里親になろうと考えている26歳男です。
    多分、主さんやその周りの仲間たちと、それほど年が違わないのかなって思っています。
    この記事に対するコメントではないのですが、コミュニケーションをとる手段が無かったので最新の記事にコメントさせていただきました。

    里親になろうと思った動機は、自分に出来る社会貢献をしたいという理由からです。このブログを見てからは、里親にならないほうが未来の里子たちにとって良いのかな、とか考えがまとまらないという感じです。

    虐待をする里親なんてサイテーだと思うし、何するにも許可が必要だとか「何のための里親なの?」っていう感想です。(実際に起きていることが悲しいですね)

    里親制度は暖かい愛情あふれる家庭の中で成長を見守ることを趣旨としているはずなのに、現実は制度が夢物語のように感じてしまうんですね。

    僕が里子を預かるようになったら、「これから沢山迷惑かけてね」って言ってあげたいですね。

    里子経験者さんたちは、里親制度は不要だと考えていますか?
    また、これから里親を目指す人に対して何かアドバイスはありますか?

    ノブさんへ (グラジオラス)
    2009-07-28 22:43:15

    はじめまして。
    ノブさんは26歳なんですね。
    失礼ですが、お子さんはおられるのでしょうか?

    20代で里親になりたいと考える方は非常に少ないと思いますが、
    そう考えるようになった具体的な動機はなんでしょう?
    ご自分にできる社会貢献をなさりたいと書かれておられますが、
    そこであえて里親を選んだ具体的な理由はありますか?

    質問 (Unknown)
    2009-07-28 23:54:38

    主さんは里親が嫌いですか?
    あなたを虐待した里親以外の里親さんをどう思います?
    良い里親さんもいると思いますが

    とても泣きそうになっています。。。 (miyuki)
    2009-07-29 12:57:23

    突然の書き込みで長文になってしまいますが、ごめんなさい。

    ノブさん同様、里親を考えている、29歳です。

    私は、里子を経験したことが無いのですが、幼少時代に少なからず辛い経験をしたことが原因で、常々、程度に関わらず”死にたくなる程辛い”思いは他の子供にはして欲しくないと強く思っております。また、ボランティアを通じて、一人でも多く幸せになって欲しいという思いから里親制度を調べるようになりました。

    そんな中このブログを拝見して、むちゃくちゃショックを受けています。

    皆さん、里親をされている方はきっと子供に愛情を分け隔てなく与えられる素敵な方なんだろうな、と勝手に思っていたので。。。
    本当にショックです。

    昔ボランティアで参加した、1日ディズニーランドに一緒に行こう!というような企画で
    中学生の女の子達と一緒に遊びましたが、そこで、本気で接すればみんな素直でいい子だと痛感いたしました。(その分、偽善者はすばやく見抜きますね、びっくりしました)
    そこから色々と調べ、未だ大学への進学時や就職時に問題があることを知り、でも自分はちっぽけな存在で何も出来ないのが本当に悔しいです。

    そして、自分が憧れていた制度も見かけだけで実情が伴っていない。。。なんなのでしょうね。。。

    ごめんなさい、こんなコメントになってしまって。

    グラジオラスさんへ (ノブ)
    2009-07-29 14:49:30

    なんだか試されてるようで、回答に困りますね^^;
    質問返しされているあたり、少し興味を持っていただいているのでしょうか。。。
    より理解してもらう為に、長文になってしまいますがご容赦ください。

    簡単に自己紹介します。
    高卒で就職してから、22歳の春に起業しました。
    結婚したのは22歳の夏です。
    子どもはいません。
    信条は「出来る・出来ないじゃない、やるかやらないかだ!」です。

    20代で里親になりたいと考える人は確かに少ないでしょうね。
    情報源がネットの書き込みであることを断っておきますが、
    不妊治療の結果が良くなくて諦めた人たちや、
    自分の子どもたちが巣立った後で考える人が多いみたいですね。
    その人たちは当然20代ではないようですが、年が行き過ぎると里親になれないようです。
    ですので、いずれ里親になるのであれば早いほうが良いかなと思っています。

    さて、「動機」と「あえて里親を選んだ具体的な理由」ですよね。

    まずは、「あえて」ではないということの説明を。

    ソーシャルベンチャーと言う言葉をご存知ですか?日本語だと社会起業家とか言ったりします。
    日本では社会福祉は行政の仕事と考えがちで、行政以外の社会福祉はボランティアとなりがちです。
    もちろん例外もあるので「がち」です。その例外の一種として、ソーシャルベンチャーがあります。
    分かりやすく言うと「世の為人の為になることを事業として行う」会社です。
    僕の会社はそんな会社を目指しています。
    なので、社員を雇うときはフリーターかシングルマザーと決めています。
    理由は就職に困っている人たちだからです。
    もちろん、他にも就職に困っている人たちは大勢いると思いますが、
    マクロな見方をしたときに、協力したいと思えたグループがこの二つでした。
    ※会社の事業自体はIT系なので、高齢者の雇用にはまだ積極的ではありません。
    自分に出来る社会貢献は片っ端からやろうと考えています。
    ただし、それには体力や金銭的な都合もあるので、条件をつけています。
    それは、自分の手で出来ること、自分で結果が見れること、と言う条件です。
    その結果「ベルマーク集め」や「ペットボトルのキャップ集め」などは行いません。
    ですので、「あえて里親を選んだ」というのはちょっと違います。
    「できるからやる」ただそれだけです。
    ※雪国まいたけの社訓が好きです。「出来ない理由を考えません。出来る理由を考えます。」

    もう少しだけ動機について言うと、僕の周りには「World Vision」とか「かものはしプロジェクト」
    とかに参加している人も多数います。彼らの行動はすばらしいことですが、僕は参加しません。
    お金だけ渡して、誰かに行動してもらうというのはなんだか無責任な気がするし、
    先に挙げた僕のポリシーにも反するからです。
    さらに、貧しい国の子どもたちを支援することで悦に浸るような戦略に思えます。
    海外に目を向ける前に、日本の中で困っている子どもたちに何かしてあげることは出来ないか?
    そう考えた結果が里親になることでした。
    ※批判しているように聞こえるかもしれませんが、スタッフたちのことは尊敬していますし、
     彼らの原資として寄付が必要であることも理解しています。
     そのための戦略なので、賛同していないだけで批判ではありません。

    ここからは余談。。。

    社会的な見方をすると、里親は不足しているといわれています。
    里親になるのは普通の親(実子のみの親)でいるより大変、ということはだれもが理解できる
    ことだとおもいます。
    大変だからやらない、大変だからお金だけ渡して誰かにやってもらうというのが
    先の二つのプロジェクトが成り立つ理由だと思います。
    里親には里親手当が支給されますが、子育てに必要な金額と言うものではないですね。
    子育てに必要な金額は養育費ですね。手当は給料みたいなものと考えるのが順当でしょう。
    給料にしては高い気もしますが、「給料とは需要と供給のバランスをとるもの」
    という考え方も大事です。
    僕らIT企業のエンジニアは、普通では考えられないような給料をもらいます。
    これはエンジニアの供給が需要に追いつかないからです。いわゆる売り手市場ですね。
    里親手当にも同じことが言えると思います。
    そこまで出しても供給が追いつかない(里親になる人がいない)というのが現状でしょう。
    僕は政策のミス(手当は下げることが出来る)だと思いますが、それはここで言うことではないですね。

    余計なことを書き過ぎた感がありますが、伝わったでしょうか?
    文章だと上手く伝わらないこともあるので誤解がないと良いのですが。。。

    里親が里子を語る言葉は、里親自身を語る言葉だ (グラジオラス)
    2009-07-29 23:28:21

    Unknownさん、miyukiさん、ノブさん、コメントありがとうございます。

    私を虐待した里親は嫌いですね。
    それ以外の里親は(ひとりの例外をのぞいて)知らないし、
    知らない人に好きとか嫌いとかの感情は持てません。
    ひとりの例外というのは、ネットで知った里親ですが、
    彼の慇懃無礼な傲慢さ、狡猾さにヘキエキさせられました。

    その里親を知ったのは、1通のメールがきっかけだった。
    こちらは頼んでもいないし、知り合いでも友達でもないのに
    いきなり厚かましいメールを送りつけてきたのが始まりよ。

    言葉は丁寧でも内容は不躾で、ちょっとイラっとしたのは否めないわ。
    だから放置することにしたの。関わりたくなかったから。
    普通の人なら「返事がないことが返事」と思うけど
    その里親には婉曲的なお断りは通用しなかったわ。
    彼はストーカーみたいに3通くらいメールを送りつけてきたの。
    「俺は正しいことをしてるから何をやっても許される」的な傲慢さで。

    話はちょっと脱線するけど、じつは私、キャバ嬢をしたことがあるの。
    里親宅がイヤで自立してからも、進学をあきらめきれなかった。
    奨学金をもらえたとしても、入学金や最初の半期分の学費は
    入学手続き時に先払いしなければならなかったし、
    私立だから奨学金だけでは学費をまかなえきれなかったし、
    学費のみではなく家賃や生活費も確保しなければならなかった。

    世間には「夜のお仕事」をしてる女性を動物くらいに思ってる男たちがいる。
    お店のお客さんではなく、プライベートで知り合った人の中にも、
    私が「夜のお仕事」をしてると知ると、いきなり態度が豹変、
    汚らわしい本性をあらわにする男たちがいたわ。
    一般の女性には決して見せない、普段は秘めし隠してる本性を、
    水商売の女が相手なら剥き出しにしても許されると思ってるの。

    その里親の不躾さは「夜の仕事をしてる女性を動物だと思ってる男たち」と同じモノだった。
    里子たちを、ご自分と同じ人間だと思ってないの。
    自我もプライドもある一個の人間だと認めてないの。
    だから、礼儀を通さなくても、不躾なことをしても許されると思ってる。

    ファーストコンタクトからして「何様?」だったわ。
    表面上は慇懃丁寧な美辞麗句を並べたてたとしても、
    本音の部分では「里子にはなにをしてもいい」と思ってるの。
    彼は社会に貢献する高尚な里親様で、私たちは哀れな(元)里子だから。
    一般的な社会常識では「礼儀を欠く」とされることも
    里子相手なら失礼にならないと信じてやまないのでしょう。

    このブログを開設すると、また懲りずにコメントを送りつけてきたわ。
    それも「ゲスのカングリ」としか言いようのない内容のコメントを。
    彼が指摘してることは、私たちの中にはない発想だった。
    どんな内容であれ、彼のコメントを掲載する気はサラサラないけど、
    コメントの中に「削除していい」とあったので遠慮なく削除させてもらったわ。

    その後、某匿名掲示板に、私たちを「嘘つき」とか
    「本当ならコメントを公開すればいい」という内容のレスがあったわ。

    ご自分で「削除していい」と書いておきながら、
    陰でコソコソ汚い手段を使って、他人を貶めようとする。
    コメントを公開したらしたで、匿名の仮面をつけて
    「修正を加えた」だの「デッチアゲ」だの虚言を垂れ流すことでしょう。

    これって、私を虐待した里親たちと、まんま同じ手段なの。
    精神障害の分野は詳しくないけど、演技性人格障害とでもいうのかしら?
    虚言癖があって裏表の激しい里親は、里子を「虚言癖」にするの。
    「虐待されてると言うと、大人が同情してくれるのを知っててやってるんです」とか、
    「この子は表の顔と内の顔が違うんです、外では良い子だけど、うちでは違うんです、
    私もほとほと手を焼いてるんです」などと平然と言ってのける。
    虐待された傷や痣も「注目を集めるために自分でつけた」ことになってしまうの。

    Unknownさんへの回答を書いていたら、長文になってしまったわ。
    miyukiさんもノブさんも、ご自身が信じる道を進めばいいと思います。
    誠意と真心をもってすれば、きっと子どもたちに通じると思います。
    miyukiさんが仰るとおり、子どもは「裸の王様」をおそれない。
    体裁はとりつくろえても、子どもの心証を操作することはできない。
    子どもに認められれば、それは「本物」だと思います。

    またお越しくださいね。

    コメントありがとうございます。 (miyuki)
    2009-07-30 11:12:17

    度々、失礼いたします。(しかも長文で。。。)

    このような、(本当の内容にも関わらず、里親にとって)不利益が出る内容というのは、やはり矢面に立たされるのでしょうね。

    私がこのブログを全部信じてしまう理由、それは実際に会った子が、週末里親に行ってたのですが、その話には一切ふれたがらなかったからです。そして、すぐ別の話に切り替えました。目を伏せながら。

    本当に里親がいい人で大好きだったら、率先してその話をしますよね?なんでその話をしたがらなかったんでしょう?考えれば明白です。

    また、ここを見て本当??なんて言っている人は、自分の目でみて自分で確かめればいいのに、と思います。例えそれが私と反対の判断であったとしても。(言葉で言いくるめられないで欲しいですが。。。)

    グラジオラスさんがおっしゃるように、そこで会った子達はみんな自立を急いでいました。
    ある子は、中学卒業と同時に就職しました。一刻も早く大人になりたいと。中学在学中にもアルバイトをしていました。
    それを聞いた時、私は思わず褒めてしまいました。
    “自分のことを自分でする、って考えは誰でも出来ることではない、素晴らしい考え方だ”と。
    本当はやってはいけないことなのですが、そんな事言ってられない状況なのも痛感したからです。

    色々と大変かと思いますが、是非このブログ続けてください。
    そして、世の中にこんな理不尽なことがある、ということを知らしめてください。
    多分今後も沢山コメント書かせていただくと思います。

    あまり肩を張らないでくださいね。 (ゆずり)
    2009-07-30 19:37:34

    こんにちわ。
    ご自分の過去の辛い体験などを綴られるのは本当に
    勇気のあることだと思いますし、かなり労力のいる作業だと思います。

    「強いな」と思ったのが最初の印象でしたが、きっと色々無理もしてるんだろうな・・・とも思ってます。

    しっかり文字として、言葉として発信できるグラジオラスというブログは大好きです。
    でも、自分の過去と向き合うことで、あまり辛くならないようにと思います。

    ゆっくりしたペースで、無理のないように・・・。

    里親不足は真っ赤な嘘 (ノブさんへ)
    2009-07-30 19:37:42

    「社会的な見方をすると、里親は不足しているといわれています。」とありますが、現実は里子不足です。(里親さんのホームページのBBS等に、里子が欲しいのに何年も待機中の里親希望者さんの不満の声が散見されますよ)。
    全国の里親登録者は約7000人、内2000人の里親が3000人の里子を養育しています。
    里親希望者7000人中、里子を委託されてるのは僅か2000人です。
    里親登録してから里子を委託される迄の待機期間は、養育里親の場合で3年待ち、養子縁組里親は5年待ちと言われてます(地域差があり、東京は比較的早いと聞きました)。
    横レス失礼しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中