里親には、充分に子どもを養育していけるだけの「養育費」のほかに、
里親の報酬である「里親手当」が、国から支給されている。

養育費は約55,000円/月、里親手当は73,000円/月、
さらに自治体から支給される援助もあり、
たとえば東京都では、25,000円の養育費が加算され、
毎月およそ15万以上の金額が里親に支給されてることになる。

医療費、通院交通費(タクシー代など)、保育料、学費、教材費、学校行事にかかる費用は、
すべて無料か全額支給で、公立なら高校の学費も無料。
新規委託時の支度金、七五三などの行事、進学などの際にも援助が出るし、
夏期や年末年始のレジャー費用、お正月の支度などにも、それぞれ手当が支給される。

これらは、里子を養育するために支給される援助の、ほんの一部にすぎない。
ほかにも、採暖費だの、特別育成金だの、調べ切れないほどの手当が支給されてるし、
自治体が独自で支給してる援助も含めると、かなりの金額になる。

たとえば、里子1人に対して、総額で年間約2百万もの予算が出てるの。
この不況の時代、実子2人に月3万もかけてませんって家庭も多いのに、
里子1人に年額2百万ですよ、にひゃくまん。

つまり、里子に平均的な家庭の子どもと同程度の生活をさせた場合、
里親が自腹を切るってことは、まずありえない。
里子がいるから生活が大変、だから里子に人並みの服を買ってやれない、
食費を切り詰めざるを得ない、というのは、ありえないことなのよ。

でも、世間では「里親は私費で里子を養育してる」とか
もしくは「手当が出てるとしても、薄謝程度だろう」と思ってる人が多いから、
その誤解をいいことに、国や自治体から支給される養育費を里子のために使わないで、
私腹を肥やしてる里親が多い。

里子の学校の保護者や隣近所に「里子がいるから生活が大変!」と言って、
お下がりの服や食料をクレクレ乞食してる里親もいる。

里親団体も、国や自治体による手厚い支援の内訳を隠して、
「里子を育てるのはお金がかかるんですぅ!多くの里親が自腹切ってるんですぅ!」と同情乞食した挙句、
「里親手当を増額してちょーだい!」と行政に詰め寄っているそうな。

年間2百万、医療費も学費も無料なのに「お金が足りない」ってあーた、
どんだけやりくり下手な人々の集団なのでしょうか?
しかも、「里子のため」と言いながら、増額を希望してるのは里子の養育費ではなく、
里親の報酬である「里親手当」であるってのも、ひそかに笑えます。

いくら保護児童に予算をかけても、肝心の児童に届かず、銭ゲバ里親の私腹を肥やすくらいなら、
不況に負けずに頑張って子育てしてる実親家庭や母子家庭、もしくは児童養護施設への援助を
もっと手厚くすればいいのにと思ってしまうわ。

広告
コメント
  1. gladiolus2009 より:

    里親制度について (miyuki)
    2009-07-30 11:33:23

    私なりに調べて、ここで拝見した問題点を生じる理由を考えました。

    1・里親審査があるが、審査基準が低すぎる。
     詳しく書いてしまうといろいろと語弊が生じるかと思いますが、地域ごとに基準を変えてもいいのでは・・・?

    2・お部屋の広さは2間以上
     これもケースバイケースにするべきでは、というのが正直な感想です。例えば既に5人暮らしで2間、更に里子、という場合を考えると狭い気がします。

    また、調べれば調べるほど、グラジオラスさんの意見が普通だと感じます。
    『里子来たら中学からはやっぱり塾行かせなきゃ〜』なんて妄想を良くしているのですが、中学生からは公費で塾代も支給されるとの事。
    調べれば調べるほど、自腹を切っていると言っている人の主張理由が不明です。
    (私の想定では、何かしらの教室に通わせたとしても公費でまかなえ、お釣りがきます。)

    愛情を第一、というのを前提に作られた法律だから、というのもあるとは思いますが、それを悪用する人がいるのも現実。
    それなら、悪用されづらい法律に改善していくべきでは、と思ってしまいますね。

    どちらがガメツイのやら (グラジオラス)
    2009-08-01 11:15:58

    里子に支給される養育費やその他諸々の手当のことに言及すると、
    「里子がお金のことを口出すべきではない」だの
    「お金の話をする里子はガメツイ」という批判をいただきます。
    里親にしてみれば「育ててもらってるクセに・・・」と思うのでしょう。

    私が言いたいのは、お金のことや金額のことではないの。
    里子に一定水準以上の生活をさせるための手当なのに、
    里子に人並み以下の生活をさせて私服を肥やす里親が現実にいて、
    彼らが野放しにされてることなの。
    養育費の用途や使い道について、調査や監査のようなものが一切ないことなの。
    所詮里子は里子で他人だから、わが子同然の愛情を注ぐのは
    よほど人間ができた人格者じゃないと無理だと思うし、
    そんな人格者は、日本中を捜しても1人か2人いるかいないかだと思うの。
    せめて衣食住だけでも人並みにしてあげてほしいってことなの。
    私の言ってることって、そんなガメツイかしら?

    本当に、難しいですね。。。 (miyuki)
    2009-08-01 12:32:04

    ガメツイと批判する人は、このブログをちゃんと読んでいらっしゃらない方なのでそんな人はさておき、里子が一定水準以上の生活をさせるための手当てなのに上手く機能していない、というのは本当に問題だと思います。

    > 所詮里子は里子で他人だから、わが子同然の愛情を注ぐのは
    > よほど人間ができた人格者じゃないと無理だと思うし、
    > そんな人格者は、日本中を捜しても1人か2人いるかいないかだと思うの。

    個人的には、もう少し居て欲しいですが。。。

    グラジオラスさんが言っていることは、ガメツくないです。普通です。あんまり批判は気にされないで下さいね。グラジオラスさんとご友人がこのblogに経験を綴られるのは、とても意味のある、大切な事だと思いますよ。

    里親制度はザル法の上に (グラジオラス)
    2009-08-01 20:31:51

    養育費や諸手当に関することだけじゃなく、
    里親制度は穴だらけの問題だらけだと思いますわ。

    悪質な里親がのさばり、彼らの毒牙にかけられる児童が現実に存在し、
    里親による虐待を受けている被害児童をすみやかに発見して救出する「安全網」がないかぎり、
    保護児童の養育を里親に委託するのは、子どもにルシアンルーレットをさせるのと同じ、
    人権侵害もはなはだしいと思ってしまうのですわ。

    「人権」という言葉を無闇やたらに振りかざす人にかぎって
    言葉の上ではなく、もっと現実的な意味での「子どもの人権」なんて
    これっぽっちも考えたことないんだろうな〜というのがダダ漏れで好きではないのですが、
    あえて使ってみましたです。

    私事で恐縮ですが。。。 (miyuki)
    2009-08-02 03:44:51

    小さいとき、実の母親に�あなたなんて生むんじゃなかった、あなたなんて死ねばいいのに�と言われて育ちました。

    小さいときに、知らない人に下を触られ、舐められ、怖くなって逃げだした事があります。それを慰めて欲しくて母親に言ったら、この上なく激怒されました。

    小さいとき、母親から�一緒に自殺しよう・・・?�と言われました。

    私の不幸なんて数える程度。それでも、精神状態が安定を保てず、涙が出ているのに笑っていて、自分でなんで笑っているのか判らない経験をしたことがあります。

    こんな私の経験ですら、友人は泣いて聞いてくれました。

    皆さんの経験を拝見するたび、胸が張り裂けそうになります。

    厚生労働省が無駄に目標値などを掲げてしまっているために、地方公務員である児童相談所の職員は、“チェックをすること”より、“里親に預けた件数”を気にして一度預けた子にはなるべく注意を向けないようにしているのでしょうね。。。

    児相職員になる方法を調べている最中に“倍率が高い”と書いてありました。きっと、職員の方も理想を掲げて入っても環境に感化され、本来の目的を忘れてしまうのでは、、、などと憶測しております。

    人権、本当に幸せなら、使う必要の無い言葉ですよね。
    里親したいと思ってからも、人権なんて言葉、考え付かなかったです(苦笑)
    きっとそんな言葉を使いたがる人は“自分はいい事をしている”って思われたい方なんでしょうね。

    余談ですが、昔読んだ雑誌に大好きな言葉があります。
    “誰かのためにするなんて、あり得ないし、それを言ったら偽善でしかない。例えそれが小さなサプライズであるとしても、誰かの喜んでいる姿を見たくて自分の為にするのでしょう?”
    私はきっと、自分自身を救いたくて里親をしたい、なんて言っているんだろうな。。。

    miyukiさんへ (グラジオラス)
    2009-08-02 22:36:20

    miyukiさんも、辛い子ども時代を過ごした方なんですね。
    子ども時代の辛い経験を告白するのは、とても勇気がいることだと思います。

    里親や施設職員など児童福祉の分野に従事する方の中には、
    自ら不遇の子ども時代を過ごした方がおられると聞いたことがあります。
    自らの子ども時代を取り戻さんと高い理想を掲げて始めても、多くの場合、理想と現実は大きな隔たりがあるものです。
    そのギャップから児童を虐待するようになる方もおられると聞き存じております。
    また、ご自身の経験を活かして、すばらしい里親・施設職員になる方もおられるかも知れません。

    私は常々「自分を救えるのは自分だけ」だと思っております。
    虐待によって生じた不具合を正すのも傷を癒すのも自分自身の仕事、
    そうしなければ虐待の連鎖は断ち切れないと思っております。

  2. janq より:

    いろいろ問題点、確かにあるようですし、それらは例外なく是正されるべきだと思います。
    正直本記事等拝見して衝撃を受けました。

    が、このような場所で、比較的多額の報酬があることを問題として提起することは、

    議論することによる制度改善等によるメリット よりも、 
    ここを見た人による報酬を目的とする応募の増加とそれに伴う問題の増長 のデメリットのほうが勝る気がいたします。

    是非 比較衡量の上、本記事において報酬についてまで具体的に触れて公開するべきか、ご一考いただけないものでしょうか。

    折りしも 某声優 が虐待で逮捕され、本問題についてはよくもわるくも注目が集まっております。

  3. あっこ より:

    実際の里親さんの話によると短期大学の授業料はポケットマネーで出したそうで、衣服代は年5000円と言っていました。又里子が2人目からは3万6千円になります。近頃は携帯を持っている高校生が多いですが、とてもそのようなお金を出している状況ではないと言っていました。

  4. はじめまして。
    児童相談所の問題について調べているうちに、こちらにたどり着きました。
    改めてゆっくり読ませていただきますが、私のサイトからリンクを貼らせていただきたいと思い、コメントさせていただきました。
    不都合がありましたら御返信下さい。

  5. 匿名 より:

    こんな考えの方がいるから何も変わらないんでしょうね。

    “誰かのためにするなんて、あり得ないし、それを言ったら偽善でしかない。例えそれが小さなサプライズであるとしても、誰かの喜んでいる姿を見たくて自分の為にするのでしょう?”

    思いやりの気持ちさえも偽善ですか、可哀想な人たちですね。

    問題はあると思いますが、色々な理由で里親になってる方がいると思います。
    善意(こういう言い方はしたくないですが・・・)、で里親になってる方は少ないかもしれませんが、なぜそちらに目を向けられないのでしょうか?

    子ども達が可哀想ですね。

  6. gladiolus2009 より:

    >Janqさん

    「振り込め詐欺」の手口が巧妙になってるというニュースを見ました。
    あなたは「振り込め詐欺」についても同じことが言えますか?
    「振り込め詐欺」の巧妙な手口を公開することで被害に遭う方を減らすメリットよりも
    その巧妙な手口を真似て「振り込め詐欺」をする模倣犯がいるかも知れないデメリットを問題視しますか?
    ぜひ、振り込め詐欺の手口について具体的に触れて公開するべきか、ご一考いただけないものでしょうか?
    ま、振り込め詐欺について周知されて一番困るのは、それで金儲けしてる犯人グループだと思いますケド。

  7. gladiolus2009 より:

    >あっこさん

    残念ながら、その里親さんは嘘をついてる可能性が高いですね。
    公的里親ではなく私的里親の場合もあるので嘘と断定はできませんケド。

    まず、里子の「養育経費」は何人あずかっても頭数分ちゃんと支給されます。
    養育費は年齢によって多少異なりますが
    「最低でも」国から毎月5万円以上支給されます。
    そのほかに委託時や進学時などには一時金が支給されるほか
    数え切れないほどの各種手当や免除(医療費、保育費、学費、塾費用、
    クラブ活動費、暖房費、採暖費、交通費などなど盛りだくさん)があります。
    里親宅のリフォーム費用やパソコン費用も公費から支給されます。
    また、多くの自治体で独自の補助があります。
    (一例として東京都では毎月25,000円を独自に支給しております。)

    上の養育費のほかに里親の報酬として「里親手当」が毎月支給され
    一般的な養育里親の場合、72,000円になります。
    2人目から36,000円になるのは、こちらの「里親手当」のほうです。

    そして里親団体が「里子のために!」と錦の御旗を掲げて
    毎年あきもせず賃上げ要求してるのも、こちらの「里親手当」です。

    つまり、養育里親には里子1人あたり最低でも年200万円以上、
    専門里親は300万以上の非課税所得が入る計算になります。
    (里子の医療費や学費などは最初から「無料」です。)
    養育里親が里子1人を3歳から18歳まで15年預かるとすれば
    総額3千万以上の収入になる。しかも非課税。
    地方なら家が買えるし都内でも中古ならマンションを買える金額です。
    また、里子が18歳になって措置終了する時は支度金が支給されます。
    養育費の余剰金を貯金すれば短大の授業料くらいにはなりますし
    医療系や美術系の大学でもなければ
    里親が「ポケットマネーで」支払うことはまずないと思いますよ。

    これだけの非課税所得を受け取りながら携帯端末を買えないなんて
    私の経済感覚では考えられませんが、私がズレてるのかしら?

  8. gladiolus2009 より:

    >子育て父さんさん

    はじめまして。
    当ブログはリンクを歓迎しておりますしWeb上で全世界に向けて公開してる以上、
    どんな意図をもったサイトにリンクされても文句はいえないし拒否する権利はありませんが
    本音を言わせていただければ内心複雑なケースもあるのは否めませんです。
    あなたが支持しておられる児相被害者連絡会の代表者のM氏は
    「アザになるほど子どもを殴って」おきながら「児童相談所に子どもを拉致された」と訴えてる人物ですね。
    そして「子どもを殴ったのは『躾』であり、自分は間違ってない」と。
    彼がWeb上で第三者と「やりとり」をするのを自分の目で見たことがありますが
    「子どもをしつけるのは親としての義務であり自分のやったことは正しいが
    殴ったのは間違いだったと認めるフリをしないと子どもを返してくれないので
    児相職員の前では反省してるフリをしている」などと書いておられました。

  9. gladiolus2009 より:

    >匿名さん

    私は「人に害を与えない」という前提つきで「偽善も善のうち」と思っております。
    かくいう私も自然災害などのニュースを見れば募金したりしますし
    突き詰めれば「自分の感情を落ち着かせたい」というエゴであることは自覚しております。
    募金や金銭的な寄付なら誰かに害や悪影響をあたえずに自分の感情を処理できます。
    直接的な対人援助となると、得られる満足感は大きいでしょうが
    ある意味「プロとして割り切った態度」と専門性がなければ
    たとえ小さなサプライズであっても対象にとっては負担になるリスクを考えたことはありますか?

    想像してみてください。
    あなたが怪我や病気で障害者になって働けなくなったとします。
    親兄弟ならともかく、ただの近所の人が古着を持ってきたら喜べますか?
    それが毎日毎日となった時、いつも笑顔で対応していける自信はありますか?
    よく知らない人が「あなたが障害者だから」という理由で黄ばんでシミのついた下着を持ってきたら
    「これは相手の思いやりの気持ちで小さなサプライズだから嬉しい」と喜べますか?

    なお、当ブログを読めばおわかりになるかと思いますが「善意の里親」にも目を向けておりますし
    里親制度を知れば知るほど、里子として子ども時代を過ごした人々を知れば知るほど
    その「善意の里親」こそが最凶の「困ったちゃん」であると考えを改めるようになりました。

    過去記事やコメントも多くなり、すべて読んでからコメントしろとは言いませんが
    あなたが本心から子どもたちの「一生涯に渡る幸福」を考えるなら
    相手の立場になって考えてみる想像力を養ってください。
    施設にいる「恵まれない子ども」なら実子以下のセカンドベストとして扱っても喜ぶハズと思ってたり
    ご自身が無神経ちゃんで「無神経が全人類のデフォルト、そうじゃない人がオカシイ」と思ってる人は
    児童福祉分野に近付かないでください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中