里親制度というのは、保護児童が家庭復帰するまで・就職して自立するまで・
もしくは18歳か20歳になるまでの間、保護児童を預かって世話するだけの制度。
我が子として育てて死ぬまで親子関係が継続する養子縁組とは、根本的に違う。

事情があって家で親と暮らす事ができない子どもは、児童養護施設に預けられて育つのは知ってるよね。
里親家庭は、施設が「個人宅」になっただけ、と考えれば、ほぼ間違いありません。
だから里親家庭は、保護児童の「家」でもなければ、里親は「親」でもない。
保護児童が18歳になって自立すればハイ終わり。サヨナラして赤の他人。
だから里親家庭は、児童にとって自立するまでの「仮住まい」ではあっても、
普通の家庭で育った人の「家」とは根本的に別モノなの。

里子にとって里親家庭は、「他人の城」。
里親の家に、私の居場所はどこにもなかった。
私は「独裁者が支配する城」に、お情けで置いてもらってる「難民」か「捕虜」みたいなものだった。

お情けで食べさせてもらってる居候だから(当時は里子に養育費が支給されてる事を知らなかった)
おなかいっぱい食べられなくても文句は言えない、
実子がサイズアウトになった服を他の里子が着て、さらにお下がりのボロ服しか与えられなくても文句は言えない、
暴言吐かれても殴られても文句は言えない。

いつも里親の顔色をうかがって、できるだけ迷惑にならないように、邪魔にならないように遠慮して、
自分の存在を薄くして気を使いながら生きてた。

里親家庭で育った人は、私と同じように、肩身の狭い思いをしてきた人が多い。
里親家庭が嫌で、自分の居場所──どんなホッタテ小屋だろうがボロアパートだろうが「自分の家」が欲しくて、
仕事を見つけて、中卒や高校を中退して里親家庭を出て行く子もいる。

里親家族にレイプされて妊娠しても文句ひとつ言えずに、
同居してる他の里子とHして妊娠したと里親に嘘の証言を強要されて、
14歳で中絶した子を知ってる。

性器にタバコの火を押し付けられる、足の裏をアイロンで焼かれる等の虐待が原因で、
抑うつやPTSDの診断を受けて、自殺未遂をしたり精神科に通院して服薬してる人も知ってる。

2段ベッドを2台ならべた6畳間に4人の里子が押し込まれ、四つん這いで食事をさせられたり、
皆の見てる前で裸にされて性器をスタンガンで撃たれた人も知ってる。

里親団体が「動物の里親を里親と呼ぶな」と主張してるみたいだけど、
ある意味では、彼らの主張は一理あると思うわ。
だって動物の里親は、もらった動物を家族として愛情をもって育てて(もちろん費用はすべて自己負担で)
死ぬまで責任もって世話するんだもの。
人間の里子は医療費タダだけど、動物は健康保険がないから医療費だってバカにならないわけで。

人間の里親と一緒にしたら、動物の里親に失礼だと思わない?

広告
コメント
  1. 匿名 より:

    文章を読ませていただきました。このサイトの目的が今ひとつわからないので、アドレスを書き込むのは控えます。私は思うのです、そんな里親ばかりではないだろうと。本気で里子さんを心配し時には叱ったり、時には褒めたり、時には抱きしめ共に泣いたり、笑ったり、私も機会があれば可愛い子供と生活を共にし、泣いたり笑ったりしてみたいのですが、どこに行けばよいのかわからず、時が過ぎています、やはり私も怠け者なんですね(笑い)

  2. gladiolus2009 より:

    >匿名さん

    たしかに「そんな里親ばかりではない」ですね。
    里親制度の理念を正しく理解し、高度なスキルと専門性をもって
    心に深い傷をもった子どもに「治療的療育」をする里親は日本に1人だけいます。
    子どもが好きで、かわいい子どもと生活を共にして一緒に泣いたり笑ったりしたければ
    普通は保育士か幼稚園教諭とか児童心理士とか小児科看護師にでもなるかと思いますし
    そのほうがよっぽど多くの子どもたちと向き合って多くの子どもの力になれると思いますが
    養育里親の多くはどうして「養育里親」にこだわるんでしょうかね?
    どこの地域でも里親は余ってますが、児童養護施設はどこも人手不足なので
    保育士の資格をとって施設で働けばよろしいのにと思いますが
    養育里親になるような人は資格を取得したり専門性を高めるための能力に欠けるか
    上司の下で指導されたり評価されたり管理されて働くのはイヤな人々なのだろうと思います。
    努力をする資質もなく特別な資格やスキルもないクセにプライドだけはやたら高い人、
    「ワタクシこそが正義」で「他者に意見されること」が大嫌いで逆ギレする人の典型例ですね。
    彼らが異常なまでに「かたくな」なのは自尊感情の低さの裏返しであると考えております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中