里父

kent2009 による 4. kent の場合 への投稿 (4. kent の場合)
タグ:,

里親の家で過ごした、子供時代の数少ない、比較的楽しい思い出は、里父と一緒の風景、だった。

セーリングや、釣りや、キャンプや、交通博物館に、連れて行ってくれたのは、彼だ。

休みの日、電車を見に行って、帰りにファミレスや、モスバーガーに連れて行って貰うのは、辛い日々の中の数少ない、楽しみの一つだった。

僕の手記を読んだ人は、里母は悪人、里父は善人と言うイメージを持ってると、思う。

確かに、里父が居ると、里母は、僕をあまり、虐めなかった。

でも、僕が、里父を好きかと聞かれれば、ノーだ。
里母に接する時と同じように、常に、警戒しながら接してた。
里父が一緒に居る時は好きだったが、何故か、彼を慕う気持ちはあまり、なかった。

時は下って、里親宅を出た後。
僕は、慣れない環境に緊張し、仕事に精一杯で、真面目に、慎ましく生きてた。

いつもギリギリだった。
毎朝職場に体を運び、仕事をするだけで、エネルギーを使い果たしていた。
余暇を楽しんだり、羽目を外したり、遊ぶ余裕は、なかった。
真面目に生きるしか、なかった。

児童虐待の、悪影響、後遺症が出揃うのは、大人になってから。と言われる。

その言葉を、身を以て、体現した。

里親の家を出れば、全て解決する、と思ってた。
嫌な事は、全て里親の家に置いて出て、後は、自己責任の下、自分の力で、人生を切り拓けば良い、と思ってた。

そうは問屋が卸さなかった。

人が怖くて、仕方無かった。
殴られるのではないか、嘲笑されるのではないか、傷つけられるのではないか、と言う恐怖と切り離して、考えれらなかった。

その考えは、理不尽であると判ってて、自分に何度となく言い聞かせたが、込み上がる恐怖感は、止まらない。

普通の人は、あまり気にならない事も、僕には、恐怖との闘いだった。
人と同じ空間に居る事、昼食を一緒にする事、当たり障りない世間話をする事も、臨戦体制の心構えでなければ、対処出来なかった。

僕は、薬の力に、頼った。
中学の時、抑うつ、不安障害と診断され、薬を飲んでたが、処方される分量じゃ足りなくなり、かかりつけ医の他の精神科や、心療内科に掛かったり、処方箋無しで買える薬を大量に、飲んでた。

疲れてるのに、緊張で目が冴えて、眠れなかった。
眠剤を飲んでも眠れず、3日間寝ないで仕事に行った事も、あった。

しかし、休日は、何もしないで、寝てばかりいた。
金曜の夜に寝て、日曜日の朝方まで、三十時間以上、失禁しても気付かず、眠り続けた事もあった。

アパートに一人で居る時、不安、恐怖、苛立ち、怒りが、ごちゃ混ぜになった、自分でも説明出来ない激しい衝動に駆られて、自傷したり、過呼吸になったり、人に言えないような事をしたり、した。

僕は、常に臨戦体制で、過剰に緊張し、神経を張り詰め、時折馬鹿な事をしながら、薬に助けられて、なんとか生きてた。

そんなある日、突然、思い出したくない事を、思い出した。
すっかり忘れてた過去の記憶が、生々しく蘇った。
一つ蘇ると、一連の記憶が、芋蔓式に次々、蘇った。

僕は、里父の、慰み者だった。
里父は、何年間も、僕をオモチャにしてたのだ。

広告
コメント
  1. 匿名 より:

    もうなんと言えばいいのか・・・・・・言葉が見つかりません。
    里親の母親の仕打ちだけでも惨いのに、父親まで・・・・・
    kent2009さんが記憶を失っていたのは、耐えれる「限界」を越えた虐待への自己防衛です。記憶を封じて「なかった事」にしなければ耐えれなかったのです。自分を守るための術です。
    傷ついた子どもの心の傷口を広げて塩を塗り込むような真似するなんて畜生以下の「鬼畜」ですね。一体なんのための里親でしょう?
    許せません!!

  2. ゆずり より:

    今、泣いていませんか?体調は大丈夫でしょうか?

    自分の過去と向き合うこと。

    それって、本当にとても労力のいることなので心配です。

  3. kent2009 より:

    こんにちは。
    僕の手記を読んでくれて、ありがとうございました。

    人の脳は、徹底的に嫌な事は、忘れる仕様なんですね
    忘れたり、思い出したり、不思議ですね。

    一人で、飲んで酔うと、何故か悲しくなって、馬鹿みたいに泣いたり。。悪い癖です(;´д`)
    シラフじゃ泣かないです。大丈夫ですよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中