里子への冷遇や性的虐待は「よくあること」

gladiolus2009 による 7. グラジオラスの場合, 8. 雑記 への投稿 (7. グラジオラスの場合, 8. 雑記)
タグ:, , , ,

S宅に委託される以前、私は何軒もの里親宅をたらいまわしにされたの。
短期間の滞在をふくめると、片手以上の里親宅を経験したことになるわね。

大人になってから知ったことだけど、
保護児童には児童相談所の担当者がつくことになってるらしいの。
里親宅に委託されてた間、私は自分に担当者がいたのか、
いたとしたらそれが誰なのか、ほとんど知らない。
名目上の担当者はいたとは思うけど会ったことすらない人が多いし、
わずかながら接点のあった人も、今となっては顔も思い出せない。
顔も名前もない何人もの大人たちの手によって、
私の意思や感情はそっちのけで、川面に落ちた木の葉のように
されるがままに、あっちからこっち、こっちからそっちへと、
あらがうすべもなく連れまわされた、という感覚しか残ってないの。

ひとつの場所に落ち着いて暮らすこと──それが当時の私の望みだったわ。
子どもは適応能力が高いといわれるけど、慣れない環境は緊張するし、
よく知らない大人たち──胸三寸で私をいいようにできる圧倒的強者たち、
気まぐれでワガママな支配者たち──に気をつかって遠慮して生活するのは、
心身ともにひどく消耗することなの。
大人の身勝手な都合で知らない土地に連れて行かれたり、転校したり、
追い出されたり、連れ戻されたり、そのたびに友達が変わったり、
あたらしい人間関係に神経をすりへらして消耗することが、
ほとほとイヤになってたの。

自らすすんで「里親の家に行きたい」と言ったことは一度もなかったわ。
形式的な「意思確認」はあるかも知れないけど、
それは「出来レース」以外のなにものでもないの。
まず大人たちの「思惑」ありきで、あとは子どもに「はい」と言わせるだけ。
ターゲットにされた子どもに残された道は、ふたつにひとつ。
ひとつは、さっさと「はい」と返事して、さっさと里親宅に行くこと。
もうひとつは、「意思確認」の名のもとに行われる終わりなき尋問──
──パワーゲームに疲れ果て、勝ち目はないと悟って「降参」すること。
いつだって私に選択肢はなかったの。

S宅に委託されたのは10歳の時だったけど、私は行きたくなかったわ。
上っ面をとりつくろってニコニコしても、意地の悪さが顔に滲み出てたし、
私はそれまでの経験から自分の「勘」を信じることに慣れてたの。
「勘」を裏切って現実が好転したことなんて一度としてなかったから。

なにより、それまで里親たちには散々な目に遭わされてきて、
彼らのワガママと身勝手さには心底ウンザリしてたの。
その気持ちを正直に話したら、「よくあること」「相性が悪かっただけ」
「お互いに不幸な出来事だった」で片付けられて、軽く流されたわ。

それまでは「血は繋がらなくても私たちは家族」とかうそぶいてたクセに
実子ができた途端、手のひらを返したように態度が豹変、
里子と実子に差をつけて里子を冷遇→お払い箱にしたり、
オス里親が女子児童の裸体に異常な興味を示したり写真撮影をしたり、
それに気付いたメス里親が児童を「泥棒猫」「家庭崩壊者」呼ばわりしたり、
くる日もくる日も納豆ごはんを食べさせて里子を低栄養状態にするのは
「よくあること」なのね。
里親家庭ってホント恐ろしいところなのね。

今回は児童相談所の中の人について思うことや、制度の脆弱さを絡めて
書くつもりでいたけど、長くなりそうなので、この続きは次回ね。

広告
コメント
  1. なな子 より:

    グラジオラスさん、皆さん、こんにちは。
    こんなの見つけました。一応報告しときますね。

    ——–以下引用——–

     里親家庭を家庭と呼ばないでという人々

     「あんなの家庭じゃない」と言っても、里親家庭は、児童養護施設ではないと思う・・・。 

     施設育ちの自分たちが作ったこの言葉をもじり(それとも偶然の一致?)、誰かから利用される事にプチ怒りを覚えたが、それと同時に、機能不全の里親家庭の人がこの言葉をもじっても、うまく言いたい事が伝わらないように思う。
     
     ともかく、児童養護施設出身者としてMariaと共に精一杯作って来たキーワードだから、大事にしていきたい。自分の言葉は自分だけのモノ。そこへ至る道程も無し(それとも有るの?)に、言葉だけを利用されているように感じられ、気持ちが落ち着かない。
     
     児童養護施設出身者の言葉は家庭の人の気持ちを代弁するツールじゃないとだけ言っておく。

    |  養護施設にいる間の問題 | 05時49分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT
    剣はグラジオラスとも言う
     Maria、わたしは最初カチンときて、相手を責めずにいられない気持ちになった。

     わたし達が何年も掛けてキーワード化した言葉が簡単にもじられてゆく・・・。

     そして少し経ち
     
     今は思うよ。自分の内面から戦い抜いて出てきたわけじゃない、外から拾ってきたキーワードはいつまで経っても、その人にフィットしない。

     自分がその言葉に出会わなきゃ、絶対に感じる事ができない。
     
     このバナーは剣を使った。剣はグラデゥス、グラジオラスという花のもあるね。

     わたしにとってこの剣は、一から全てフォトショでとイラレで何とかがんばって作った。絵もセンスもない自分だったけど、思いしかなかった。
     
     だから剣はわたしにとって、大事な要素なんだ・・・。
     
     グラデゥス 
     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9_%28%E6%AD%A6%E5%99%A8%29
    として覚えてたけどね。

    | Lei | 2009/08/28 11:54 | URL | ≫ EDIT

    そうね
     Leiちゃん

     家庭育ちは里親家庭育ちも含めて施設育ちを利用するのね。

     そういえば昔、家庭という名の収容所(アウシュビッツ)というサイトがあったの。エドワードさんが抗議し、エドワードさんだけじゃなく他のシセツっ子も抗議し、さすがにそのルビはなくなったの。

     これを思い出したの。

     あたし達の願いと祈りを込めた「養護施設を家族と呼ばないで」というコピーは2人で相談し、ああでもない、こうでもないと議論し、最終的にあの言葉に落ち着いた。

     Leiちゃんも思いを込めてバナーを作った。にも関わらずそれをパクったかのような「里親家庭を家と呼ばないで」というサイトがあるらしいの。

     里親家庭を家と呼ばないというのは、あんなの家庭じゃないという機能不全家庭と通じるものがあるから、判らないではないけど「では何て呼べばいいの?」と突っ込まれた時に答えは見つからない。

     どんな里親家庭も里親家庭としか呼び様が無い、それこそ犬猫といっしょにして、飼い主・飼育家庭とでも呼べとでもいうのかしら?

     いずれにせよ、人の言葉をパクったパロディにしかならない。
     コピーした言葉ばかり並べても自分の本当の気持ちは理解されないと思うの。

    ttp://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/blog-entry-1030.html

  2. gladiolus2009 より:

    なな子さん、こんばんは。
    ご報告ありがとうございます。

    あいかわらずのゲスのカングリ炸裂トークに茶を吹きました。
    とりあえず「自意識過剰もほどほどに」と言っておきますわ。

    というか、当ブログのタイトルを決めた時、
    「養護施設をナンチャラ~」なんて知らなかったし、
    どこかでタイトルくらいは目にしたことがあるかも知れないけど
    そんなサイト、今の今まで気にかけたこともなかったですわ。
    そもそも「ホニャララと呼ばないで」というフレーズ自体がありふれてて、
    そんなオリジナリティにあふれるユニークなタイトルとも思えませんけどね。

    ハッキリ言わせていただくと、瓜双子さんが思ってるほど
    私は瓜双子さんに興味ないし、施設出身者にも興味ないの。
    施設出身者を見下してるのではなく、別カテゴリーの専門外だから。
    もちろん、里親家庭を追い出されて施設に戻された経験のある人や
    施設と里親家庭の両方を経験した人は大歓迎だけどね。
    私がどれくらい瓜双子さんに興味がないのかというと
    当サイトが移転する原因になった某里親の名誉毀損(笑)騒ぎのとき
    読者の方からいただいたコメントに教えられて
    はじめて瓜双子さんのブログに目をとおしたほどですわ。

    それに、ここだけの話、私の「グラジオラス」というハンドルは
    「山田花子のグラジオラス・ライブ」という言葉から発想を得たものよ。
    はじめはハンドルを「山田花子」にしようと思ったけど、
    同姓同名の有名人がいるのでやめたほうがいいのでは?と言われ、
    「山田ローズ」とか「山田ゴージャス」にするつもりでいたの。
    そんなとき「山田花子のグラジオラス・ライブ」という言葉を目にして
    「山田」と「グラジオラス」という語感のギャップがおもしろくて
    「グラジオラス山田」と名乗ることに決めたの。
    残念だけど、瓜双子さんが主張する「バナーの剣」とやらとは
    これっぽっちも「かすりもしない」のですわ、悪いけど。
    そもそも私、ネットをする時、よっぽど好きで信用してるサイト以外は、
    ブラウザを画像を読み込まない設定にしてるからバナーは見えないの。
    瓜双子さんはどうやら
    「私の独創性にあふれる唯一無二のアイディアをパクられた」と主張したいようですが、
    本気でそう思ってるとしたら、まったくの誤解であり、こじつけの被害妄想です。
    イイガカリをつけたいだけなら、やめろと言ってもやめないと思うので、どうぞご自由に。
    そうやって自分で自分のメッキを剥がして墓穴を掘ってくださいな。

    以前の私だったら、悪意をもって意地悪する人に遭遇したら、
    ひたすら逃げるか、相手があきらめて去っていくのを待つだけだったけど、
    そういう態度がいらぬ誤解を招いたり、軽んじられる原因になると気付いたの。
    だから悪意のある意地悪を前にしたときは、きちんと反論することにしたの。
    本音をいえば、私たちのことは忘れるか無視するか死んだとでも思ってほしいけど、
    このブログをつづける限り、あの人の意地悪はとまらないと思うの。
    黒頭巾の中の人は無言でもウシくんとカエルくんを使ってね。
    あの手この手で言いがかりをつけて、ナンクセつけて貶めてくると思うの。
    ウザイし面倒だけど、そのたびに事実を説明していかなければと思うわ。

    正直このコメントも、善意か悪意か判断に悩む部分はあったけど、
    教えてもらわなければ百万年は気付かなかったし、
    気付かなければ反論もできなかったので、素直に助かりました。
    助けられたので、善意によるものとして受け取ることにしました。
    ありがとうございました。
    またお越しくださいね。

  3. 匿名 より:

    色々大変そうですね。お疲れ様です。
    ところで一つ腑に落ちない事がありました。

    「それをパクったかのような「里親家庭を家と呼ばないで」というサイトがあるらしいの。」

    これを書いた人、7月にブログでグラジオラスさん達のブログを叩いてますよね。
    御丁寧にリンクを張って晒し上げてたのを、見た覚えがあります。
    パクられたと思ったら、普通はその時に苦情を言いますよね。
    何故今更?という疑問が拭えません。
    前から知ってたのに、今初めて知ったように、「あるらしいの」と、白々しく恍ける態度に呆れました。
    言い掛かりを付けたくて、必死に叩く材料を探してるとしか思えません。

    里親に虐待された里子さんが、虐待経験を語るのを、妨害したい人達がいるのは分かりました。
    この先色々あると思いますが、妨害工作に負けないで、どんどん語って欲しいです。
    頑張って下さい。

  4. 放蕩草 より:

    お久し振りです。
    気苦労が絶えないですね。
    御心中お察しします。

    例の方たち、こちらのサイトを昨日今日知ったみたいにすっとぼけてますが、
    前々から自サイトでバッシングしたり、他所のBBSに晒してましたよ。

    その時は一言もパクられたと言わなかったのに、
    今になって、最近知ったみたいシラ切って騒ぐのは、かなり不自然ですね。

    単なる難癖付けたがりの揚げ足取りでしょう。

    気にしないで頑張ってくださいね。

  5. ゆずり より:

    正直、瓜双子さんが何でこんなに固執するのかがわかりません。
    >別カテゴリーの専門外だから
    全くそのとおりで、映画と一緒でジャンル違いのものにああだこうだ言っても意味のなさないものだと思います。
    同じ「萌え」でも二次元好きが三次元に、三次元好きが二次元のジャンルに飛び込まないようなものじゃないでしょうか。
    (例えが悪いですが)

    このブログに「パロディ」という言葉が出てきますが、なんとなく「里親」からの虐待は作り話ということにしたいのかな・・・とすら思いました。

    >「山田ゴージャス」
    とても素敵です。

  6. gladiolus2009 より:

    匿名さん、放浪草さん、ゆずりさん、こんばんは。
    作り話にしたいのか、パクるような人たちが言ってることだから信用できないわ!ということにしたいのか、
    あるいは、たんに私たちを刺激してイライラさせたいだけなのか。
    私も「なんで今さらジロー?」な感がありますが、
    斜め上をいく人の思考はよくわかりませんね。
    とにもかくにも彼が私たちを叩きたくてウズウズしてることだけは理解できました。
    ま、いちいち気にしてもしょうがないので実害がないかぎり静観しますわ。
    ご心配をおかけしてすみませんです。
    そして、ありがとうございました。

  7. 匿名 より:

    >私も「なんで今さらジロー?」な感がありますが、

    タイミング的に、言葉狩り問題でしょう。
    グラジオラスさんとマロンさんが、
    里山さん《里親という言葉が犬猫に使わることが、実際に気になったことはありますか?》
    の質問に、里子さんの立場で返したレスが、瓜双子さんの逆鱗に触れたのでしょう。
    真正面からは叩けないけど叩きたい、他に叩く材料がないから、苦し紛れに無理矢理パロディ疑惑を引っ張り出したとしか見えないタイミングです。
    瓜双子さんが《里子の為》とのろしを上げてやってる活動って、誰の為の活動なのでしょう。
    里子さんの為の活動でないのは、一目瞭然です。

  8. gladiolus2009 より:

    そうか、なるほど。
    私たちのコメントが癪に障ってしまったのね。
    納得。

  9. 里山 より:

    gladiolus2さん

    「私たちのコメントが癪に障ってしまったのね。」
    だとするならば、私の質問悪かったです。申し訳ありません。

  10. gladiolus2009 より:

    いえいえ、里山さんがあやまることではないですよ。
    ひとえに「相手が悪かった」というだけのことです。
    どうか気になさらないでくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中