笑いながら里子を折檻する里親

maron2009 による 6. マロンの場合 への投稿 (6. マロンの場合)
タグ:, , , , , ,

里親から虐待を受けている事を、学校の先生に打ち明けるなんて、
当時の私には、思いもよらない事でした。

虐待が、長期間に渡って日常的に繰り返されると、
子供は自分を責め、罪悪感、無力感、諦めを学習します。
虐待を受けている自分を恥ずかしく思い、
その事実をひた隠そうとします。

私は被害者でありながら、加害者の「共謀者」になって、
虐待の隠匿に協力する役割を担っていました。

里親に折檻されて、顔や腕等の外から見える部分を負傷しても、
学校の先生に怪我をした理由を尋ねられると、
転んだ、ぶつけた、物が落ちてきた等、
無難に思える返事をしていました。

そのうち、ただ「転んだ」「ぶつけた」と答えるだけでなく、
「お母さんに何度もやめなさいって言われたのに、
廊下で滑って遊んでたら、転んで縁側から落ちた」等、
尾鰭背鰭を付けて、もっともらしい説明をする知恵が付き、
その場しのぎの嘘、言い訳を重ねるようになりました。

夏休みの前、N先生がまたB宅を訪れました。

私は階段の上に立って、聞き耳を立てていました。
先生が帰った後、里親に何をされるか考えて、
不安でいっぱいでした。

先生を見送り、家に入ると、里親は私を折檻しました。
平手で張り倒され、殴られ、蹴られ、壁にぶつけられました。
その晩は食事を抜かれ、深夜まで正座させられました。
正座から解放されるのは、家事をする時だけでした。

翌日は1学期の最後の日でした。
学校が終わって家に帰ると、里親は言いました。

「あんたの昼ご飯はないよ」
「あんたに食べさせる物は何もない」

前の晩から何も食べていなかったので、
お腹が空いて、体に力が入りませんでした。
里親がテレビを見ながらラーメンを啜る物音を、
廊下に正座をして、じっと聞いていました。

里親の食事が終わると、後片付けを言い付けられました。

私は食器を台所に下げると、里親の目を盗んで、
残ったスープを啜り、丼の底に沈んだカスを食べました。

それから里親は、家事を片付ける私の手が遅い、手を抜いた等、
言い掛かりを付けては、私に体罰を加えました。
些細な事で、痣になるほど殴られ、蹴られました。
うずくまる背中や頭部を、縄跳びで打たれました。
縄跳びで打たれると、痛くて声も出ませんでした。
私は何度も謝りましたが、許してくれませんでした。

明日から夏休みなので、里親は手加減をしませんでした。

「“あの女”に告げ口できなくて残念だねえ」
「この恩知らずのガキを、どう懲らしめてやろうか」

私を折檻しながら、里親は笑っていました。

里親が、N先生の訪問にまだ腹を立てている事、
私が先生に告げ口をしていると疑って、許していない事を悟りましたが、
どうする事も出来ませんでした。

広告
コメント
  1. ミチル より:

    またまた強烈なお話でビックリしています。
    子供をそんなに苛めるぐらいなら、なぜ里親を引き受けるんでしょうか?
    里親にも親戚や、ご近所さんなどがいると思いますが、
    誰もその実態に、気づいた人達はいなかったんですか?
    里親ってそんな簡単に、誰でもなれちゃうものなんですか?
    そんなひどいことしてるのに、世間から見れば、
    ”里子を育ててる立派な人”に見られてるんでしょうね。
    そんな腐った人間は地獄に堕ちるでしょう・・・

  2. maron2009 より:

    ミチルさん、こんにちは。
    里親は何故、里子を引き受けて虐待するのでしょうね。
    里子に支給される養育費が欲しいのかも知れません。
    「里子を育ててる立派な人」と言う評価が欲しいのかも知れません。

    ご近所さんが虐待に気付いていたか、分かりません。
    里親の親は、何人も里子を育てたベテラン里親だったようです。
    その里子達は、真冬に火の気のない納屋で寝起きしていた、
    里子が母屋に上がるのは、正月だけだった、
    毎日暗くなるまで野良仕事をしていた、文句一つ言わず働いた、
    それに比べて今の里子は幸せだ、あんたは恵まれていると、
    里親や親戚に言われました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中