里親の女が里子の女児を虐待 6カ月の重傷負わせた容疑で逮捕

gladiolus2009 による 8. 雑記, 9. 里子と里親のニュース への投稿 (8. 雑記, 9. 里子と里親のニュース)
タグ:, , , , , , ,

里親の女が里子の女児を虐待 6カ月の重傷負わせた容疑で逮捕
2009.10.14 22:14

 里子として預かっていた女児(5)を暴行し、6カ月の重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課などは14日、傷害容疑で、大阪市西区南堀江の主婦で里親だった吉村陽子容疑者(35)を逮捕した。女児は下腹部を傷つけられ、直腸が裂ける傷があったほか、ほぼ全身に殴られたような跡があり、暴行後半年以上たった現在も入院治療を受けている。府警によると吉村容疑者は「頑張って養育してきたが、夫になついて私には反抗的な態度をとるのでついかっとなった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、今年3~5月、女児に数回にわたって暴行を加え、6カ月の重傷を負わせたとしている。府警によると、女児は頭部や背中などほぼ全身にあざがあり、日常的に虐待を受けていた可能性が高い。
 捜査関係者によると、吉村容疑者は今年5月27日、女児が出血したため病院に搬送。虐待の可能性があると判断した病院から連絡を受けた実母(26)が府警に通報した。吉村容疑者は当初、「私の不注意でけがをさせた」と説明していたという。
 捜査関係者は、吉村容疑者は、自宅で女児と2人きりになった際に暴行していたとみている。女児は精神的に大きなショックを受けており、「吉村容疑者にたたかれた」と話しているが、詳しいことは説明したがらないという。
 関係者によると、女児の実父母は昨年に離婚。引き取った実父が病気になるなどして養育が困難になっていた。吉村容疑者は、さまざまな事情により家庭で養育できない子供を一定期間育てる「養育里親」として市中央児童相談所から委託を受け、昨年5月下旬から夫(40)とともに女児を預かっていた。

 同相談所によると、吉村容疑者は「ネットなどで里親制度を知り、預かった子供とともに成長できるのではないか」として里親登録を申請してきたという。相談所では、児童福祉司の職員を家庭訪問させ、志望動機や収入や人格、経歴などを調査し、住環境も養育にふさわしいかどうかもチェックしたうえで、平成20年2月に養育里親として登録した。
 記者会見した上野厚雄児童相談担当課長は「このような事件がおきていたたまれない気持ち。担当者は、吉村容疑者の人柄がまじめで熱心だったと受け止めていたので、こういうことが起きるとは予想もしていなかった」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091014/crm0910142215034-n1.htm

広告
コメント
  1. みき より:

      おはようございます
     応援していますからね。
     がんばってくださいね

  2. gladiolus2009 より:

    こんにちは。
    応援ありがとうございます。
    またお越しくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中