【里親家庭の利点】の嘘 その2

maron2009 による 6. マロンの場合 への投稿 (6. マロンの場合)

要保護児童が、施設や里親に措置されると、
当然、それなりのコストが掛かります。
そのコストは、国と自治体の税金と、
児童の親が支払う負担金で、賄われています。

親の負担額は、収入に依るスライド制で、
親の収入が低ければ、負担額は低く、
収入が高ければ、高くなります。
この辺りの仕組みは、保育園に子供を預ける際に
親が支払う保育料の負担額と、同じです。
私の親は、裕福ではありませんでしたが、
それでも毎月、相応の金額を支払っていました。

さて、ここからが本題です。

一部の里親と、それを擁護する人々は、
里親制度を推進する理由として、

●施設と比べて、里親は、児童1人当たりのコストが安い。

と言う利点を、主張しています。

これは、【要保護児童にとっての利点】ではなく、
里親達が、里親制度を宣伝する時にアピールする、
【納税者にとっての利点】です。

確かに、資料を見る限りでは、
要保護児童1人に掛かるコストは、
施設措置より、里親委託の方が、安く上がります。

しかし、ここにも【カラクリ】があります。

里親は、無試験、無資格でなれます。
一応簡単な審査はあるようですが、
生活保護世帯と同等以上の収入があり、
児童ポルノ法等に抵触する前科が無ければ、
ほとんど誰でもなる事が出来ます。

養育里親は、児童ケアの専門家ではないので、
心に深い傷を抱え、特別なケアが必要な児童は、
預かる事が出来ません。

つまり、養育里親に委託される児童は、
「特別なケアは必要ない」と判断された、
問題の無い子供だけになります。
そして、里親は里子を選べますし、
預かった里子を、いつでも返品出来ます。

施設の場合は、そうは行きません。
施設に居る児童の内、虐待が理由で保護された子は、
ここ数年増加し、全体の4割を占めると言われています。
情緒障害児のケアに特化した施設も有り、
保育士や児童心理士等の資格を持つ専門職の方々が、
心に傷を抱えていたり、障害を持つ児童のケアに当たっておられます。

健康優良児だけを選りすぐったグループAと、
入院加療中の難病患者も含めたグループBを比較すれば、
グループAの方が、養育人の負担が軽いのは当然です。

養育里親と、施設を比べて、
コスト面だけを比較する事に、
何の意味があるのでしょうか。

勿論、施設には問題のない児童も沢山います。
そして、彼らの養育に当たる施設職員は、
最低でも2年以上の専門教育を受けた国家資格者で、
彼らは、児童を選り好み出来ません。
どんな子供でも、自立するまで養育します。

以上の事情を考慮すると、施設と里親を単純に比較して、
「里親の方がコストが安い」と結論付けるのは、
無理があるのではないでしょうか?

そして、忘れてならない事は、
里親と、それを擁護する人々は、
世間に対しては、
「施設より里親の方が安く、福祉予算の節約になります」
と宣伝しておきながら、
裏では、「施設職員と比較して、里親の賃金は安過ぎる。
里親手当てを、施設職員と同額にして下さい」
と、行政に賃上げを要求しています。

この事実を、どう思われますか?

広告
コメント
  1. iemon より:

    おはようございます。
    アメブロのグルっぽから知り、訪問しました。
    全読しました。
    里親虐待に付いて、詳しく知り得て、
    またそこに潜む闇の部分に非常に驚きました。
    里子が「里親の生活の糧」になっているとは…
    この日本で、
    文化文明のまだ発達してない地域での子供の処遇が、実在するとは…
    ビジネス的な臭いがして恐ろしいです。

    どうやったら里子の虐待がなくなるのか。
    ワタシにはその術がまだ分かりませんが、
    こういう事実をワタシのように知らない人はほとんどです。
    また里親制度の事を知って、ゆくゆくはボランティアを…
    なんて考えている人もこの事実知らないと思います。
    なので一人でも、
    里子に対し虐待が行われ、
    ほとんどがそのような環境下に晒される事の多い制度だと、
    ツイッターでつぶやいてみました。
    またもう少し自分でも調べて記事にしたいと思います。

  2. maron2009 より:

    iemonさん、こんにちは。
    ブログを拝見しました。
    里親制度の問題を取り上げて戴き、ありがとうございます。

    綿花農場の子供達のお話、胸が痛みます。
    私は、とても幸運な事に、今は安定した定職に就いて、
    食べ物の心配をする事なく、安心して眠れる場所があり、
    5年後、10年後の将来を、考えられる立場になりました。
    里子として育ち、社会に出た者は、
    【消息不明】になっている方々が少なくない現状を踏まえると、
    私は、非常に恵まれている部類に入ると思います。
    (一寸先の事は、分かりませんが。)

    【食べ物の心配がなく、安心して眠れる場所がある者】として、
    私も出来る限り、ロハスショップを利用したり、
    生産者の生活が成り立って行ける
    価格設定の品物を購入するよう、心がけています。

    そんな風に、恵まれた立場に居る大人達が、
    そうではない立場に居る人々の存在を認識する事が、
    大事だと思います。

    児童養護施設は、昔と比べて、オープンになり、
    子供達にとって、暮らしやすい場所になりました。
    それは、施設での虐待事件が報道される事に依って、
    社会の目や、人々の意識、民意が追い風となって、
    施設を、改善して行った結果だと思います。

    里親制度の現実は、何故かメディアに取り上げられませんが、
    一人でも多くの方に、里親制度の闇を知って戴く事で、
    少しずつでも良い方向に動いて欲しいと思います。

  3. 黒かぼちゃ より:

    ランキングから参りました。

    里親制度についてよく知らなかったので、
    簡単に調べてみました。
    (ブログに書きました。)
    その際、報酬についての文章を
    参照させていただきました。
    不適切であれば削除いたします。

    私は保育士をしていましたが、
    病気で退職し、療養しながら就活中です。
    虐待の疑いがある子を
    受け持ったことはありませんが、
    学生時代に保育士が預かっている子どもを
    虐待しているのを目撃しました。

    大人は子どもを守る義務があるはずなのに、
    利用したり、八つ当たりしたり。
    いろんな大人が
    もっと深刻に考えるべきだと感じました。

    ずるい大人が多いですね。
    ひどく心が痛みます。

  4. maron2009 より:

    黒かぼちゃさん、こんばんは。
    返事が遅くなってしまって、申し訳ありません。

    ブログ拝見しました。
    この問題を取り上げていただき、ありがとうございます。

    私は、保育士さんは良い思い出しかありません。
    施設で暮らした経験があるので、
    子供の頃の夢は、保育士さんでした。
    金銭的な問題で、断念しましたが。

    保育士さんに、叱られた事はありましたが、
    私の為、子供達の為を思って、
    叱ってくれたのは、子供ながらに理解出来ました。
    感情でただ怒って居るのか、
    子供の安全や将来を見据えて注意して居るのか、
    子供でも、きちんと理解出来るのですよね。

    しかし、里親達の保育士への憎悪、
    コンプレックスの裏返しの貶め行為は、醜悪で、
    見ていて非常に不愉快になります。

    当ブログにコメントを残した事によって、
    黒かぼちゃさんに御迷惑をかけてしまった時は、
    遠慮なく仰っていただければ幸いです。
    今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中