1月, 2011 のアーカイブ

むかしむかしあるところに、ひとりの女の子がいました。
彼女は里子として里親家庭に預けられてました。

オス里親は小児性愛者で、いろいろありました。

いろいろあってメス里親は彼女にキツクあたるようになりました。
メス里親は彼女をひっぱたいたり突き飛ばしたり怒鳴ったりしました。
イイ歳した中年女が1ケタ年齢の少女を「ドロボーネコ」とか「スベタ」と罵倒しました。
幼い彼女は自分に浴びせられる言葉の意味はわかりませんでしたが
怒鳴られたりひっぱたかれるのはとても悲しくて辛いことでした。

それからしばらくして、彼女は里親の家を追い出されました。
周囲のオトナたちの反応から、彼女は自分が悪い子だから追い出されたと思いました。
里親の家で起きたコトを理解するに彼女は幼すぎました。
理解できないコトだから言語化されないまま、彼女の胸にひっそりしまいこまれました。

それから十○年後──

べつのメス里親が5歳の里子の少女に「女として」嫉妬して下腹部(新聞用語)を攻撃、
直腸を引き裂いて半年以上も入院する重傷を負わせた事件が起きました。
これまたべつのオス里親が短期で預かった14歳の少女にわいせつ行為をして逮捕、
里親団体が容疑者の釈放を求めて上申書を提出、署名を集める事件が起きました。

彼女は自分が里子だった頃からなにひとつ変わってないと思い知らされましたとさ。

おしまい。

「タイガーマスク」の主人公、伊達直人さんを名乗る人々が
児童養護施設の子どもたちに新品のランドセルをプレゼントしたニュースが報道されてますね。

これに対する施設出身者の方々の反応はおおむね好意的のようです。
生の声は『はばたけ!養護施設出身者』『ぬるく愛を語れ』でどうぞ。

施設児童と里子は、国と地方自治体から「入学支度金」が支給されます。
施設児童の中には親からランドセルを贈られる子もいるようですが
そうでない子は「入学支度金」でランドセルを購入することになります。

「それなら伊達直人さんがランドセルを贈るのは無意味なの?」とするのは、ちょっと待った。
「タイガーマスク運動」で贈られたランドセルは4万前後の人気商品で
多くの施設で支給されるランドセルよりグレードが高い品物のようです。
本来支給される予定のランドセルよりグレードが高いモノなら
背負い心地はよさげだし、作りがしっかりしてて、贈られた子どもはラッキーです。
「入学支度金」の浮いた分をほかのモノにあてられますし。

親から入学グッズをプレゼントされない児童は「入学支度金」ですべて用意せねばならず
ランドセルは新品を支給されても、ほかのモノは「お古」だったりする場合もあるようです。

施設の場合、お金の流れは「ガラス張り」です。
収支報告の義務があり、毎年「実地調査」や「監査」が入ります。
不正経理があっても「監査」でバレるのでゴマカシがききません。
「入学支度金」の使途は児童の「入学支度」に限定されます。
「使い切り」が原則です。
「ランドセルが寄付されてお金が浮いたからプールして別の用途に使おう」というのはNGです。
ですのでランドセル代が浮けば、本来は「お古」をあてがわれる予定のモノが「新品」になったり
予定より値が張るモノ──たとえば本来は12色の色鉛筆が、24色にグレードアップして支給されることになり
子どもにメリットはあってもデメリットはありません。

里親家庭の場合、お金の流れは「闇の中」です。
里子にも「入学支度金」は支給されますが、里親が好きに使ってイイのです。
里親に収支報告の義務はなく、実地調査も監査もありません。
「入学支度金」として里子に支給された金銭を、里親が実子の教育費に流用し
里子に実子の「お古」のランドセルや文房具をあてがってもイイのですわ。

私は里親家庭で入学式を迎えたので「入学支度金」が支給されたハズですが
ランドセルは実子の「お下がり」で、かなり年季が入ってました。
みんなピカピカのランドセルを背負ってるのに、私はボロボロの使い古しでした。
入学式のブレザーも、筆箱も、ピアニカも、体操着も、校帽も、習字道具も「お下がり」でした。
里子には国から「教材費」も支給されるのに「新品」はあてがわれず実子の「使い古し」だらけの待遇でした。
ちなみに、筆箱の絵柄は「ピンクレディー」でした。
ピンクレディーは、うちの親の世代のアイドルです。ここ強調。
今でこそカラオケでピンクレディーのUFOを歌ったりしますが
当時は「ピンクレディー?なにそれ?食べれるの?」ってなカンジでした。
ものすごく恥ずかしかったですわ。
私のために国から支給された「入学支度金」は、どこに消えたのかしら?
里親に支給される各種手当の収支報告と領収書の提出を一刻も早く義務づけてほしいものです。

私以外の元里子の方々の「ランドセル」については現在調査中です。
調査結果がまとまったら記事にしますが300年後になるかも知れず。あまり期待しないでくださいです。

最後に。
不必要な善意ほど迷惑なモノはありません。
児童養護施設に金品を寄付するなら事前に施設に問い合わせて
子どもたちが必要とするモノをおくってあげてください。
ロマンはないけど「現金」がイチバン手堅いと思います。
寄付は必ず「匿名」でサラリとおこなってください。
子どもに「お礼」をいわせるようなマネはやめてください。
イギリスなどのヨーロッパの児童福祉先進国では
要保護児童と「慈善」の接触は子どもの自尊心を損なう危険性が指摘され
里親制度の縮小廃止、グループホームにシフトする「追い風」になってます。