タイガーマスク現象・伊達直人さんのランドセル

gladiolus2009 による 7. グラジオラスの場合 への投稿 (7. グラジオラスの場合)

「タイガーマスク」の主人公、伊達直人さんを名乗る人々が
児童養護施設の子どもたちに新品のランドセルをプレゼントしたニュースが報道されてますね。

これに対する施設出身者の方々の反応はおおむね好意的のようです。
生の声は『はばたけ!養護施設出身者』『ぬるく愛を語れ』でどうぞ。

施設児童と里子は、国と地方自治体から「入学支度金」が支給されます。
施設児童の中には親からランドセルを贈られる子もいるようですが
そうでない子は「入学支度金」でランドセルを購入することになります。

「それなら伊達直人さんがランドセルを贈るのは無意味なの?」とするのは、ちょっと待った。
「タイガーマスク運動」で贈られたランドセルは4万前後の人気商品で
多くの施設で支給されるランドセルよりグレードが高い品物のようです。
本来支給される予定のランドセルよりグレードが高いモノなら
背負い心地はよさげだし、作りがしっかりしてて、贈られた子どもはラッキーです。
「入学支度金」の浮いた分をほかのモノにあてられますし。

親から入学グッズをプレゼントされない児童は「入学支度金」ですべて用意せねばならず
ランドセルは新品を支給されても、ほかのモノは「お古」だったりする場合もあるようです。

施設の場合、お金の流れは「ガラス張り」です。
収支報告の義務があり、毎年「実地調査」や「監査」が入ります。
不正経理があっても「監査」でバレるのでゴマカシがききません。
「入学支度金」の使途は児童の「入学支度」に限定されます。
「使い切り」が原則です。
「ランドセルが寄付されてお金が浮いたからプールして別の用途に使おう」というのはNGです。
ですのでランドセル代が浮けば、本来は「お古」をあてがわれる予定のモノが「新品」になったり
予定より値が張るモノ──たとえば本来は12色の色鉛筆が、24色にグレードアップして支給されることになり
子どもにメリットはあってもデメリットはありません。

里親家庭の場合、お金の流れは「闇の中」です。
里子にも「入学支度金」は支給されますが、里親が好きに使ってイイのです。
里親に収支報告の義務はなく、実地調査も監査もありません。
「入学支度金」として里子に支給された金銭を、里親が実子の教育費に流用し
里子に実子の「お古」のランドセルや文房具をあてがってもイイのですわ。

私は里親家庭で入学式を迎えたので「入学支度金」が支給されたハズですが
ランドセルは実子の「お下がり」で、かなり年季が入ってました。
みんなピカピカのランドセルを背負ってるのに、私はボロボロの使い古しでした。
入学式のブレザーも、筆箱も、ピアニカも、体操着も、校帽も、習字道具も「お下がり」でした。
里子には国から「教材費」も支給されるのに「新品」はあてがわれず実子の「使い古し」だらけの待遇でした。
ちなみに、筆箱の絵柄は「ピンクレディー」でした。
ピンクレディーは、うちの親の世代のアイドルです。ここ強調。
今でこそカラオケでピンクレディーのUFOを歌ったりしますが
当時は「ピンクレディー?なにそれ?食べれるの?」ってなカンジでした。
ものすごく恥ずかしかったですわ。
私のために国から支給された「入学支度金」は、どこに消えたのかしら?
里親に支給される各種手当の収支報告と領収書の提出を一刻も早く義務づけてほしいものです。

私以外の元里子の方々の「ランドセル」については現在調査中です。
調査結果がまとまったら記事にしますが300年後になるかも知れず。あまり期待しないでくださいです。

最後に。
不必要な善意ほど迷惑なモノはありません。
児童養護施設に金品を寄付するなら事前に施設に問い合わせて
子どもたちが必要とするモノをおくってあげてください。
ロマンはないけど「現金」がイチバン手堅いと思います。
寄付は必ず「匿名」でサラリとおこなってください。
子どもに「お礼」をいわせるようなマネはやめてください。
イギリスなどのヨーロッパの児童福祉先進国では
要保護児童と「慈善」の接触は子どもの自尊心を損なう危険性が指摘され
里親制度の縮小廃止、グループホームにシフトする「追い風」になってます。

広告
コメント
  1. 団塊のおじさま より:

    昨年の春、3月頃でした。

    私が、有名ネットオークションで知り合いの孫のために、ランドセルを狙っていたのは。

    あいにく、黒いランドセルは何故か3000円位するのに、赤いランドセルはたったの1円。

    もちろん、安物に目のない私はそのいくつかを落札しました。

    たくさんのランドセルが1円で落とされていましたし、また買い手さえつかないで終わっていたものもありました。

    実に不思議な現象でした。

    その後、この1円ランドセルが実はA4サイズ対応でないということを、商品説明や質問欄での応答で理解しました。

    ランドセルメーカーは、その頃こぞってA4サイズ対応を歌って差別化を図っていたのです。

    そのため、B5サイズのランドセルでは売れなくなった中小のメーカーが大打撃を受け倒産、引き上げ品として捨て値での処分がネット上で行われていました。

    が、その後事態は変化してきました。

    A4でなければいけないというのは文部科学省の指針ではないということ、1年生に大きなランドセルは身体の負担になるということ。

    そういう理由を付けて、この小さなランドセルがネット上で売られました。

    結果、最近はこのサイズ違いのランドセルが1円初値でも、安物ランドセルとして3千円、5千円で売られています。

    もちろんスーパーでも、こちらは今年9800円で売られているのをみました。

    これは昨年なかった現象です。

    どうやらA4サイズ対応はそれまでの4万円台の高級ブランドとして定着し、差別化された序列が出来たようです。

    >>> 最近 伊達直人事件のせいで回りが寄付しろとうるさいです  (^^;

    これは昨年同時期に、1円で落札し、送料1000円で取ったランドセルを、今お店で売っているおばさんから、私に届いたメールです。

    以下は私の返事です。

    > タイガーマスクを名乗るお兄さんと、それを報道するマスコミは何かを勘違いしていると思います。

    福祉とは、本来あってはならない存在です。

    理想の社会が実現できたとして、そこでは福祉施設も、福祉という言葉もない社会になります。

    もちろん今の社会に欠陥がありますからやむを得ず、福祉が必要であり、それがなければならないことくらいは誰にでもわかります。

    が、そうであるならば福祉施設とは、もともと公設公営が基本とならなければなりません。

    つまり、福祉施設を如何になくすか、如何に弊害を少なくするべきかの議論になるはずです。

    現実の福祉施設は、公設公営は各県にひとつ。

    あくまでモデルケースとして存在し、民間施設がそれに習う形で法人を経営しています。

    が、実態は土地を提供できるお金持ちが、公営ギャンブルの寄付金で施設を建設し、その維持費は全て各県の措置費で賄われています。

    さらに、措置費は「費目間流用緩和の原則」で、つまり食費を光熱費に、営繕費を補修費にあてるというような流用の緩和がなされています。

    つまり、帳面上の決算はあくまで各県に届けるだけの、施設の自由に任されているのです。

    この収支は、税務署でも実態を把握していません。

    つまり、収益を上げていないとみなされているのです。

    結果、戦前のような篤志家が世間の迫害や冷眼視に耐えながら、自宅で身銭を切って孤児や障害者を養育したという歴史は消滅しました。

    今は福祉産業として、すでに経済産業社会の中で収益を上げる立派な企業として存在しています。

    福祉施設の園長が、貧困にあえいでいる社会は今まったくありえないのです。

    つまり、福祉施設は産業として増殖を続けているのです。

    問題はむしろ福祉施設に入るにはフェンスが高いというか入り口での審査が厳しいので、困ったら誰でも入れるという施設は、今は存在しないこととなっています。

    つまり、貧困というものが何処にあるのかというと、福祉施設の中にあるのではなくて、福祉施設に入れない、入るのを待っている、あきらめている社会の階層の中にあるのです。

    これは実際に、在宅訪問のボランティアをしたことのある人なら誰でも解るはずです。

    福祉予算をすでに計上している福祉施設で、ランドセルを寄付されたらその予算が何処に流用されても誰にもわかりません。

    また、そのことに物を言える場所でもないのです。

    ランドセルを寄付したいのなら、本当はスーパーの安いランドセルさえ買えないで、貰い物で通っているご近所の子どもに上げるべきではないでしょうか。

    次はこちらのご意見に、私からの疑問です。

    >>>「タイガーマスク運動」で贈られたランドセルは4万前後の人気商品で多くの施設で支給されるランドセルよりグレードが高い品物のようです。

    楽天市場でグレードの高いランドセルを10個買ってプレゼントしたという話はひとつ聞いていますが、それで全国で送られたランドセルが全てそうだとは思えないのですが。

    >>>施設の場合、お金の流れは「ガラス張り」です。
    収支報告の義務があり、毎年「実地調査」や「監査」が入ります。

    施設における「費目間流用緩和の原則」をご存じない発言ですね。

    不正経理がないというのは、あくまで公設公営か施設内労働組合などが目を光らせている一部の民間施設です。

    この辺は現状認識に開きがありますね。

    >>>里親家庭の場合、お金の流れは「闇の中」です。
    里子にも「入学支度金」は支給されますが、里親が好きに使ってイイのです。
    里親に収支報告の義務はなく、実地調査も監査もありません。

    里親家庭の場合でなくても、税金の使い道は「闇の中」のほうが普通だと私は思っています。

    つまり問題は個々の「善良な里親」と「悪質な里親」の問題ではなく、それを制度として認定して税を支給している「国家の問題」ではありませんか。

    「善良な里親」と言い張る人もいれば、「悪質な里親」と言い張る人もいる、というのは同じレベルの議論です。

    最後にシステムに問題があるという議論と、「個々の個人の無意識が荒れている」=虐待などが起こる問題がごっちゃになって、解決の糸口が読む人に不透明さを与えていると思います。

    この辺の議論は私のブログ http://blog.goo.ne.jp/jxfyjhvkdszhhasety/ でご確認下さい。

  2. kalura より:

    ぬるく愛を語れからこちらを知りました。里親についてはボランティアだと漠然と想像していました。50才の私でさえその程度の理解でした。年間200万円もの手当を里親に渡しているなど全く知らなかったし、ましてや4人も里子を引き受けている里親がいることは驚きでした。もっと世間に知ってもらう必要があると思います。領収書さえ不要な制度的な欠陥を一刻も早く是正すべきでしょう。

  3. gladiolus2009 より:

    >団塊のおじさま

    >福祉とは、本来あってはならない存在です。

    あなたは保育園も健康保険も救急車も年金も失業保険もいらないの?
    福祉を発展させて社会の歪みを少なくする方向での未来なら想像できるけど
    あなたの理想とする「歪みのない社会」とやらは私には想像できないわ。

    昔は地域社会が助け合いコミュニティーとして機能してたとかいわれるケド
    子どもの「間引き」がまかりとおり、生んでも育てられない子どもは殺され、
    障害をもった赤ちゃんは生まれると同時に産婆がポキッと始末して、
    働けなくなった年寄りは口減らしとして姥捨て山に捨てられたの。
    年頃になった少女は遊郭に売られ、梅毒の症状が出れば郭からも放り出されて
    路上で客をとる夜鷹に身を落とし、顔が腐って鼻がもげて野たれ死んだの。
    「親に育てられない子どもは地域社会が育てた」とかいえばカッコイイけど
    その多くが「おしん」以下の「労働里子」として搾取された歴史があるの。
    そんな社会があなたの「理想」なら、どうぞご自由に。

    そりゃあ全人類がマザー・テレサなら誰も苦労しないわよ。
    母親が子どもを放置して働きに出ても、誰かが勝手に子どもを世話してくれて、
    ケガや病気で働けなくなったら、誰かが勝手に玄関にお金を投げ入れてくれて、
    年をとったら誰かが家に押しかけてきて介護してくれれば、そりゃあ福祉は必要ないでしょう。
    そんな夢のような「理想の社会」を実現する方法論をご存じなら、ぜひ教えてほしいものだわ。

    「今そこにある現実の問題」に対して「ありもしない理想論」をぶちかまして悦に入ってる人はウンザリよ。
    現実的有効性を無視した「机上の空論」でイイなら、私だっていくらでもキレイゴトを言えるわよ。
    キレイキレイな「言葉遊び」がしたいなら、ほかのお相手を捜してくださいませ。

    そもそもあなたは「福祉」と「慈善」の違いがおわかりになられてるのかしら?
    キリスト教社会の貴族的「慈善」のアンチテーゼとして「福祉」の概念が生まれたのよ。
    「慈善」は対象者を自尊心を損ねて自立の足かせになることもあるケド
    「福祉」は被支援者の尊厳を守り自立を最終目的とする支援なの。
    端的にいうと、乞食に食べ物や着る物を恵んであげるのは「慈善」で
    そこからさらに発展して、彼がマトモな職に就けるよう職業訓練をするのが「福祉」よ。
    子どもたちが乞食になるのを防止するため、教育を受けられるよう支援するのが「福祉」よ。
    慈善は「ホットな心」があれば誰でもできるけど、福祉の実践は「クールな頭」が必要なの。
    支援する側に高度な専門性──知識と技能が必要なの。
    ボランティアの原意は「志願兵」で「戦のシロート」だけど、福祉人は「職業軍人」でなければダメってコトよ。
    よく覚えておいてね。

    >措置費は「費目間流用緩和の原則」で、つまり食費を光熱費に、営繕費を補修費にあてるというような

    一般家庭でも目的別にふりわけた予算を1円たりとも誤差をださずに使い切るのは不可能だし
    今月は旅行やイベントで「娯楽費」を奮発したからランチ代を節約しようってのはフツーにあるわよ。
    でも「入学支度金」のような特別予算を不正流用してる施設があるなら教えてほしいわ。
    私に教えてくれなくてもいいから、お上に通報してほしいわ。

    >つまり、帳面上の決算はあくまで各県に届けるだけの、施設の自由に任されているのです。

    あなたのコメントは全体的に「詭弁」臭いけど、このあたりは完全に「言葉遊び」になってるわね。
    この「ウソではないけど、誤読を誘う」文章、まぎらわしいからやめてくれないかしら。
    里親団体のサイトを見てるみたいな気分になるわ。
    施設が都道府県に提出する「帳面」には、「実際の収支」が記されてるの。
    「既定の範囲で施設の裁量に任された予算」の「実際の使途」を記録した「帳面」を都道府県に届けてるの。
    予算配分の「予定だけ」で「実際の収支」が書いてない「帳面」なんて、あったら見てみたいモノだわ。

    >ランドセルを寄付されたらその予算が何処に流用されても誰にもわかりません。

    はあ?
    施設は収支報告の義務があり、その記録は誰でも閲覧できますケド。
    お金の流れをウヤムヤにするのは許されてないハズです。
    その意味で、お金の流れは「ガラス張り」と書いてます。

    里親家庭は収支報告の義務がなく、領収書の提出義務もありません。
    お金の流れはウヤムヤにされて、訴えても調べようがありません。
    その意味で、お金の流れは「闇の中」と書いてます。

    この際だからハッキリ言っておくけど、私は施設にも問題はあると思ってるの。
    里親制度は白紙撤回すべきと思ってますが、だからって施設の不正を擁護するつもりもないわ。
    不正経理が行われてる施設を知ってるなら通報してほしいの。
    ネットで「施設はああだ、施設はこうだ」というウワサが流れてるけど
    そのウワサ話の発信者は「現状認識」してるワケよね?
    どこの施設で、どんな不正が行われてるか、具体的に知ってるワケよね?
    それがウソでないなら、どうして通報しないの?

    施設は毎年の収支報告と、その記録の保管が義務づけられてるの。
    施設で不正経理があれば、さかのぼって調べることができるの。
    実際、県の監査で不正がバレた施設が、過去に報道されてるわ。
    誰でも閲覧できる施設で「誰にもわからない」って、設定に無理がありすぎじゃなくて?
    「ネットで読んだウワサ話」と「事実」の区別はつけてくれないとお話になりませんわ。

    >「善良な里親」と言い張る人もいれば、「悪質な里親」と言い張る人もいる、というのは同じレベルの議論です。

    「悪質な里親」が存在するのは「システムの欠陥」と「それを悪用する人」がいるからよ。
    システムに問題があっても、虐待する里親本人にイチバン責任があるのは当たり前だわ。
    里親制度の問題は「システムの問題」と「里親になりたがる人の資質の問題」なの。
    どちらか一方だけの問題ではないのよ。
    日本の何倍も里親制度が普及し、洗練された「抜け目のない」システムを持つヨーロッパ諸国で
    里親制度が縮小廃止、グループホームにシフトしてるのが、なによりの「答え」だと思うわ。
    それを踏まえて「里親制度は危険」と言ってますけど、それがなにか?

    最後に。
    信用できるサイトや公的機関をのぞいて、得体の知れないリンクは踏まないことにしてます。あしからず。

  4. gladiolus2009 より:

    >kaluraさん

    ようこそいらっしゃいました。
    里親に200万以上の非課税所得が支給されることは知らない人が多いと思います。
    里親制度のド真ん中にいた私さえ大人になるまで知りませんでしたから。
    里親になっても何年たつが里子が委託されないと嘆く里親がいれば
    コンスタントに常時3人も4人も委託されてる里親もいます。
    コンスタントに委託されてる里親が「良い里親」かといえば、そうでもないし。
    ホント、よくわからない制度です。

  5. はるうらら より:

    「おじさま」という言葉と「タイガーマスク」に過剰反応されているようなのでこのはんねで。
    自分に反する意見にはとことん攻撃をくわえるMA.. LE.. = SID… さんかな。。。
    言葉も汚いですね。こんな方々がほんとうに人の為になる事を考えているまた、できるとは到底思えませんね。

    年代、立場が違えばいろんな意見がありますし、ご不満も多々おありでしょうが、あきらかに見ていて不快な感じです。
    あなたにどんな過去があろうと行っている事がどんなに立派であろうと、自分の気に入らないコメントを叩きのめす姿勢は如何なものかと思います。
    何役もこなしておられるようですが、一体何がやりたいのかわかりません。

    求めない善意=迷惑という意味もわからなくはありません。・・・・一部の攻撃的な方々は、その人の気持ちがどうであれ善意すら踏みにじってるだけのような気がします。

    攻撃すればするほど人々の善意を喪失させているだけですよ。結果として。
    人が困っていれば助けるという前提すら否定しておられるように思えます。確かに相手に有益にならなければただの自己満足で終わってしまうかもしれませんので、充分に気をつけて考えなければいけない事だと思います。

    別に里子制度の良し悪しを論議しているわけではありません。皆さんがやろうとされていることはとても素晴らしい事だと共感します。
    しかし、その過程が関心できません。共感できる言葉でもないし説得力もありません。
    事実、私もこのHPをみてからは里親登録申請中ですが。。。
    (一応は2児の親で 普通の社会人であとは審査待ちです)

    一人何役こなしてブログで共感者つのっても何も解決しませんよ。ご自分が先頭に立っておやりになる勇気がないならもうおやめなさい。そして人を非難中傷するのはやめておいたらどうですか?

    団塊のおじさまへたいするコメントを見る限り、あなたに善意を語る資質(正確にはいろんな人と協力して1つの目標を目指す)はかけているように思いますし、どちらが偽善者なのかもわからなくなってしまいます。
    反論もところどころ筋違いの攻撃のようですし。所詮相手の考えはコメント程度ではわかりません。それをさもわかったかのような口調で攻撃するあなたには。
    私は団塊のおじさまが仰りたかった事は理解できましたが、あなたにはちょっと無理でしたね。社会の論理に小刀振り回してるようで滑稽でした。
    社会とはいろんな人との繋がりで裏表の世界。一部の共感者だけの仲良しクラブでは世の中変えるには限界があります。同じベクトル向いている人間にすら排他的なのですから。

    このサイトやMARI… LE..のHPみて勉強になりました。
     ・一般人と施設出身の方自身との間には大きな溝がある
     ・自身は寄付寄贈は迷惑しておられる 
     ・一般人の入り込む余地はない

    だからといって自分のやってきたことを否定せずにこれまよりやり方を変えて支援していきたいことにはかわりありません。
    支援する人は感謝も何も求めていませんし、迷惑なら寄贈したものも捨てて頂いて結構なんです。
    社会を巻き込んで目標を1つづつできることから解決する。その為には相手の意見がいくら気に入らなくてもわかりあうまで話し合うことが大切じゃないですか?
    立場がまずくなればサイトにパスワードかけて逃げる。。。。やってる事といってる事がちがいすぎませんか?

    もう一度言っておきます。
    もしあなたが施設環境改善を求めるなら筋違いの攻撃はやめなさい。ほどどんどん一般人は引いていきます。それがお望み、目的ならとめません。どんどん会員制サイトでおやりなさい。
    誰に対してコメントしているかはもうお解かりですよね。
    (あなたの嫌いな上から目線ですみませんね)

  6. gladiolus2009 より:

    >はるうららさん

    1回ささっと読んだだけですが、なにが言いたいのかよくわかりませんでした。
    よくわかりませんでしたが、アナタが非常にムカついてるのはわかりました。
    「善意のボランティア」を自称するオトナたちの「善意」に包まれて育った者が
    里子として経験したコト、感じたコトを語るのは
    「善意を語る資質」をお持ちのアナタにとってはムカつくコトなんですね。
    どうぞアナタが先頭に立って「理想的な社会」を作ってくださいな。

  7. より:

    >はるうららさん

    里親制度を知ってから、数年前に週刊誌(どの雑誌忘れました)で見たとある記事を思い出しました。
    かなりうろ覚えで正確ではないのですが、あらゆる病気で寿命わずかの子供のために病院で大道芸のような催しを開いてる方がいます。多分、この方はボランティアだと思います。

    「病で死ぬ子供」に対し、さまざまな芸をです。

    この活動を知った老人男性の方が、「私もけん玉とかできるし、子供を喜ばせられるはず」とし、自身も参加したいときました。

    だけどボランティアの方は、「やめておいた方がいい。善意だけでは」みたいなことを発言されてるわけです(すみません、この発言もうろ覚えで正確でないかもしれません)。

    病で死ぬ子供に、けん玉とかして喜ばせたい、純粋な善意だと思います。悪気はありません。
    だけど実際に「病で死ぬ子供」に接してる方は「やめておきなさい」です。

    私はこういった活動と全く関係ないですし、関わることもないですが、このボランティアの方が「やめておいた方がいい」と言ったのは分かるのですね。
    私がこの活動に参加したいかと言えば「NO」です。善意は時に凶器になると多少分かっているつもりですし、それ以上に「怖い」のです。おののくのです。

    死を前にした子供に、「そこまで責任持てません」と。

    善意を超越した問題が、そこにあるわけです。善意だけでは。

    >・一般人の入り込む余地はない

    そんなことはありません。誰もが始めは一般人。余地はたくさんあります。あらゆる問題を認識し、善意を超越し、その覚悟ができているのならば入り込めばいいのです。

    >だからといって自分のやってきたことを否定せずにこれまよりやり方を変えて支援していきたいことにはかわりありません。
    >支援する人は感謝も何も求めていませんし、迷惑なら寄贈したものも捨てて頂いて結構なんです。

    自身がこの病院のボランティアだとして、病で死ぬ子供に対し、「迷惑ならあの世でなんとかしてね」と言えますか?
    この子供たちは捨てられない、抱えたまま死んでいくんじゃないかと思うのです。

    善意だけでは。

    私は幸いなことに里子経験はないのですが、里親候補者や里親たちの言動を見ていると、結局のところ成人した里子が何を言っても気にくわなくて、里子は「はいはいそうですねそうですね、里親さまの言うとおりでございます」以外受け付けないでしょう。

    これが里子に対してだけだと思ったらそんなことはなくて、一般人に対してもそうです。っていうか、全方位に対してそうです。

    はるうららさんは、「善意を語る素質がかけている」と表現されていますが、結局本質はこれでしょう。

    >社会の論理に小刀振り回してるようで滑稽でした。

    ほぉ〜。里親がこれを言うか。

    欧米のちょろっと里親制度を調べてみたら、里親の一般的な認識は「一般家庭よりも虐待とか多くてかなわんわー。偽善者やー、自己満足やー」ってな声ばかりです。
    仮に日本でこのような認識になったら逆に社会から里親は「社会の論理に小刀振り回してるようで滑稽だぞ☆」と言われますでしょう。

    元里子にああだこうだと言ってる場合ではありません。善意のあなたにやれることはいっぱいあります。

    まあ、いろいろ頑張ってください、としか言いようがありません。

  8. CUPIDE より:

    はるうららさんへ

    元里子です。
    虐待がない里親家庭で育ちました。
    でも、子供の頃に戻って人生をやり直せるなら、里親家庭で育ちたいか? と聞かれれば “NO” です。

    gladiolusさんが言ってます
    ≫キリスト教社会の貴族的「慈善」のアンチテーゼとして「福祉」の概念が生まれたのよ。
    「慈善」は対象者を自尊心を損ねて自立の足かせになることもあるケド
    「福祉」は被支援者の尊厳を守り自立を最終目的とする支援なの。
    ≫要保護児童と「慈善」の接触は子どもの自尊心を損なう危険性が指摘され
    里親制度の縮小廃止、グループホームにシフトする「追い風」になってます。

    はるうららさんは、お分かりにならないでしょうね。
    進んだ制度のEU諸国が、社会的養護の主流だった里親を縮小して、グループホームにチェンジした理由も。
    里子の子供の気持ちも。

    善意で出されるごはん、善意で用意された洋服、善意で買ってくれたノートと鉛筆、善意で寝る布団。
    逃げ場は、学校だけでした。
    毎日が苦しくて、窒息しそうでした。
    私が生きてる事も、そこに居る事も、里親の善意なんです。
    それで卑屈になったら、私のせいなんですか?
    善意が迷惑なら捨てて結構?
    里親は里子は選べるけど、里子は住む場所を選べません。
    どうやって捨てるんですか?
    家出して、飢え死にすれば良かったですか?

    元里子、施設出身者は、大人になって、過去を隠してる者が多いと思います。
    性的虐待の被害者の方は、その事実を隠してると思います。
    gladiolusさんたちが、先頭に立って活動出来ない理由、私は分かります。
    はるうららさんも、分かってるはずです。

    それなのに・・・・・・

    はるうららさん≫ご自分が先頭に立っておやりになる勇気がないならもうおやめなさい。

    はるうららさんは、思いやりがない大人です。
    他者の痛みが分からないのではなく、痛みを分かってて故意に、痛がる傷を抉る残忍さを感じました。

    はるうららさんが、ご自分は善意を語る資格があると思ってるのが、私は怖いです。

    突然の横レス、失礼しました。

  9. はるか より:

    私も虐待のない里親家庭で育った、元里子です。CUPIDEさんの記事を拝見して、涙がこぼれそうになりました。
    「逃げ場は、学校だけでした。」の部分、私も同じでした。学校だけが、普通の子供になれる所でした。
    里親の家で、一年中、いつも私は里子でした。複雑な事情を背負った子供でした。かわいそうな子供でした。直接言われなくても。委託されてから、最後に会った時まで。何年間も。何年経っても。ずっと。私は里子でした。
    普通の子供になれるのは、学校だけでした。
    私を養育した里親は、里親の中で質が良い方でした。当時は普通に思ってましたが、他の里子さんの話を聞くにつれて、私は恵まれてたと気付きました。育ててくれたことは感謝します。里親を恨んでません。でも関わりたくありません。関わると、惨めになります。彼らが私を惨めにします。
    里親の家を出て、最初に住んだアパートを引っ越しました。電話番号を変えました。新しい連絡先は、里親に教えてません。
    彼らに感謝してるのは嘘でありません。でも二度と会うつもりありません。

  10. gladiolus2009 より:

    >あさん

    里親やその候補者などの「善意を語る資質がある方」に共通しておられるのは
    彼らの頭の中にある「正義」や「自説」が動かしようのない大前提にあって
    それに反する「現実」や「当事者の意見」を一切受け入れられないってコトです。
    わが道を邁進する彼らに「軌道修正」はありません。
    里子の気持ちや里子経験者の意見より、彼らの自説が「修正不可能な絶対正義」ですから
    だれがなにを言っても聞く耳ありません。
    こういう言い方はしたくないですが、相手にするだけ時間のムダに思えてきます。
    ぶっちゃけ「どうぞご自由に」と言い放ちたいです。
    時間のムダとわかってても「被爆者」を1人でも少なくしたい一心でレスしますが
    それに対する反応は見てのとおりのです。
    皆さんおもしろいくらい共通してます。
    彼らに世界にイエスマン以外は存在を許されません。攻撃対象です。
    彼らの「善意」の対象となる人々、彼らに預けられる里子さんの胸中を思うと絶望的な気分になります。

  11. gladiolus2009 より:

    >CUPIDEさん

    おひさしぶりです。
    私が不義理を働いてる身でこんなこと言えた立場でありませんが、
    書き込みしてくれて安心しました。
    CUPIDEさんの気持ち、里子経験者で共感しない方はいないと思います。
    多くの里子に共通する気持ちです。
    しかし残念ながら里親側は永遠に受け入れないと思われます。
    彼らは「理解できない」のではありません。
    里子経験者の「生の声」は、彼らの頭の中にある「自説」に反するモノです。
    彼らの自説に反するモノは、当事者の声でも「叩き潰すべき攻撃対象」です。
    彼らがリアルで預かった里子でさえ、思いどおりにならないと「叩き潰す」──虐待する人々です。
    すべての里親がそうとは思いません。
    「この人、わかってる」と思った里親は1人だけいました。
    全国に里親は7千人、ネット上に声のデカイ里親がウヨウヨしてますが、たった1人です。

    元里子さんのカキコはいつでも大歓迎です。
    気をつかわせてしまって申し訳ありませんでした。ありがとう。

  12. gladiolus2009 より:

    >はるかさん

    ごぶさたしてます。
    不義理を働いてしまって申し訳ありませんでした。
    私もCUPIDEさんのレスを拝見して、胸がかきむしられるようでした。
    泣きたくないのに目汁が出てきて悶々としてしまいました。
    はるかさんのレスを拝見して、あの頃の気持ちがブワーとよみがえってきて
    またまた目汁と鼻から汁が・・・汚い話でスミマセン。

    >普通の子供になれるのは、学校だけでした。

    わかります。
    私も自分は里子であると意識しないで過ごせたのは学校だけでした。
    小学校は学校でも里子というコトでいろいろあったのですが
    中学では親友と呼べる友達ができて、彼女たちと一緒にいる時間だけが慰めでした。
    里親宅の家業を手伝ってた──というと聞こえはイイですが、実際は長時間の強制労働──ので
    部活は最小限、放課後に友達と遊んだりはできなかったですケド。

    最近ちょっと思ったんですが、里子の通う学校や地域社会で「里親であるコトを宣伝したがる里親」って大問題ですよね。
    施設経験者の中にも、施設ってコトで学校で肩身の狭い思いをしたと仰ってる方がいますが
    里子も同様、里子ってコトで学校や地域社会で肩身の狭い思いをします。
    里親側は子どもが施設という「特別な環境」で育つコトを問題視して
    「フツーの家庭」である「里親家庭」のほうが養育環境として望ましいと主張してますケド
    彼らが「ワタクシは里親でございます!この子は里子でございます!
    親に育てられないカワイソウな子どもでございます!」って声高らかに宣伝するコトで
    里子が「フツーの子ども」として、地域社会で「フツーに生きる」ことから遠ざけてる。
    彼らにとっては里親になって「自分の欲求を満たす」のが、「子どもの利益」より大事なのでしょう。
    里子をダシにして「褒められたい、自分をよく思われたい」人々の集団としか思えません。

  13. モモ より:

    はじめまして
    虐待を受けてたなら、なんで里親を訴えないんでしょうか。
    裁判に持ち込むのは、お金がかかるからだと思いますが
    いろいろ見ていくと、きちんと裁判で白黒つけた方がいいと思います。
    法改正してもらう為にも、各政党の議員とかに訴えてみるとか
    このままの状態が続くと、里子に悪い影響しか与えないと思います。
    里親が、誰でもなれるのには驚きました。
    これって、お金欲しさに里親やってる人が多いんじゃないかと思います。

  14. gladiolus2009 より:

    >モモさん

    過去記事でも述べてますが里親を訴えないのは
    1)時効が3年で、未成年者は訴訟を起こせないこと
    2)密室であるため「物的証拠」が残らないこと
    この二つが問題が大きな障害になります。
    これらの問題がクリアできたとしても、裁判で戦う余裕のない方が多いです。
    金銭的な問題もありますが、精神的・時間的な余裕がないのです。
    里親を訴えれば、何人もの弁護士からなる「弁護団」を雇った里親団体に
    逆に原告側が「名誉毀損」などで訴えられるリスクもあります。
    そうなれば里親団体はいつものごとく団結して募金や署名を集めるでしょう。
    また、性的な被害を受けた場合、公にするメリットはありません。
    メリットどころかデメリットのほうが甚大なのではないでしょうか。
    里親ケースにかぎらず、性的犯罪が表ざたになるのは氷山の一角といわれます。
    性的犯罪に巻き込まれた被害者の多くが泣き寝入りしてる理由が想像できませんか?

  15. より:

    はるうららさん、こんにちは。お元気ですか。

    >・一般人と施設出身の方自身との間には大きな溝がある
    >・一般人の入り込む余地はない

    施設出身者に限らず、善意についてほとほと参るわと考えておられる一般人がはるうららさんの想像以上います。
    無理に「一般人」と書かずに、ストレートに「私と施設出身の方自身との間には大きな溝がある」、「私の入り込む余地はない」と書かれた方がいい。

    ネットで知れる範囲でも、善意について検索したら「善意は迷惑だ」と書いてる「一般人」が相当います。
    なにも社会的養護出身者だけの現象ではないでしょう。
    なにを持って「一般人」とするのか分かりませんが、人間の思考はさまざま。括れるものではありません。

    確かに、私のようにはるうららさんの浅はかな善意を否定する反応をしたら「あいつはひねくれた攻撃的な奴だ!」と見る方も多いでしょうが、はるうららさんを見て「これだから善意は厄介なんだ」と見る方も多いのです。

    まあ、善意も支援もいいのですが、「その善意はいらない」と対象から言われた時にスパッと身を引く決断も時には必要で、それが一番の善意と支援になります。

    「地獄への道は善意で舗装されている」

    この言葉の意味を、よくお考えになってください。

    はるうららさんには驕りが見える。「一般人と世間」を纏って自分の意見をさも全体のように見せかけてる時点で。

    一般人も世間も、そこまでバカではありません。

    反応を頂けるのなら、私の書き込みの病院ボランティアの善意のスタンスについてどう思われるか教えていただきたいです。
    無回答も一つの選択肢ですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中