「匿名を隠れ蓑にした無責任な流言」を見定める「眼」を養ってほしい

gladiolus2009 による 7. グラジオラスの場合 への投稿 (7. グラジオラスの場合)

児童福祉法で定める「要保護児童」には「社会的養護」が提供されます。
社会的養護の2本柱は「児童養護施設」と「里親制度」です。
ほかにもイロイロありますが、大多数が「施設」か「里親」の下で育つと考えてください。

「養子縁組」は「社会的養護」ではありません
親に育てられない子どもを「家族」として「家庭」に迎え入れる制度です。
「法的な親子関係で結ばれた家族」と「家庭そのもの」を与える制度です。

それに対して「里親制度」は、児童養護施設の代替制度です
社会的養護の一形態としての「家庭的養育環境」期間限定で提供する制度です。
子どもが18歳になれば打ち切られる「公共の福祉サービス」です。
「公共の福祉サービスとして提供される家庭的養育環境」と「家庭そのもの」は別モノです。
「ホンモノのイチゴ」と「イチゴ味のチューインガム」が違うくらいに違います。

養子縁組で子どもを迎えた親は、普通の家庭と同じように私費で子どもを育てます。
里親は、里子にかかる医療費や学費などの必要経費はほぼ全額支給(免除)され
それとは別枠で、里親に年200万以上の非課税所得が支給されます。
里親に、里子に対する「親権=親としての責任」はなく、いつでも返品自由です。
里親家庭を「たらいまわし」にされる児童は少なくありません。
里子が18歳になれば、里親の家を出て自立しなければなりませんが
自立する里子のアパート契約や就職の「保証人」になるのは、ほとんどが実親です。[*1]
全国里親会は「里子の保証人になる危険」を主張し、ほとんどの里親は里子の保証人になりません
18歳以降も親子関係が継続する「養子縁組」とは根本的に異なります。

また、児童養護施設にいる児童の約半数が「実親による虐待」で保護された児童ですが
養育里親には「虐待で保護された児童=被虐待児」は委託されません。
「被虐待児」を預かる資格があるのは、ほんの少数の「専門里親」だけです。
里親制度被虐待児の受け皿にはなりません

以前からの読者の方は「またかよ」ってカンジと思いますが
あたらしい読者の方の中にはご存じない方もおられると思うので
再度しつこく説明させていただきました。

里親の中には「うちの里子は被虐待児♪障害児♪」と主張される方がいますが
里親が「虐待」とか「障害」って言葉を口にしたら要注意です。[*2]

私たちは実親に虐待された経験はありませんし、ハッキリそう言ってます。
しかし、ある里親団体の代表者とソウルメイト集団は[*3]
彼らのサイトで私たちを「被虐待児」に仕立て上げてくれました
「自分を虐待した実親と向き合わず、里親に八つ当たりしてる」とか言ってました。
私と実親が親子関係の再構築にどれほど莫大なエネルギーと時間を費やし
たがいに傷つき傷つけあい涙を流したか知らないクセに、大きなお世話です。
里親なんて里子と実親の関係を悪化させるだけで支援もしないクセに
私と実親の関係にとやかく口を挟まないでほしいモノです。

また最近では『はばたけ!養護施設出身者』の管理人・たまさんのことも
「養父母に虐待されて施設に入った」とか真っ赤なウソで被虐待児に仕立て上げたようです。
たまさんは養父母に虐待された経験はなく、ご本人もハッキリ断言されてます。

このように里親側は都合が悪くなると、相手を「被虐待児」に仕立て上げる傾向があるようです。
スカンクが危機に直面すると放屁するみたいな現象でしょうか?
よっぽど被虐待児がお嫌いなようです。
言葉巧みに「里親を批判するのは、すべからく被虐待児である。
被虐待児は愛着障害でひねくれてるから、里親の愛情が伝わらないのである。
里親は悪くないのである。里子が悪いのである」ってロジックを展開します。
もしくは「被虐待児は虚言癖があるから信用しないでね」ってコトだと思います。

たまさんや私たちは、根も葉もない流言に対して「申し開き」できます。
しかし、このブログを読んでない方は、彼らの「作話」を信じるでしょう。
彼らに現在進行形で預けられてる里子さんは一切「申し開き」できないでしょう。
真っ赤なウソでも、大声で何度もくりかえし叫びつづければ、多くの人の耳に届きます。
その中には、ご自分の目と耳で「真実」を確かめることもなくウソを真に受ける人がいます。
真っ赤なウソでも信じる者が多ければ、まことしやかに「真実」として動きはじめます。
それこそが彼らの「狙い」です。

実際、彼らの作話を真に受けて「児童養護施設は虞犯少年だらけのDQN集団」
「施設にいる児童は犯罪者」などというトンデモ話がTwitterで広く拡散されました。

私も里親宅にいた頃、このような偏見をもってました。
里親に「施設はヒドイ」と吹きこまれ、彼らの思いどおりにならないと「施設に入れる」と脅されて育ったからです。
しかし施設出身者の生の声にふれる機会を経て、軌道修正できました。
今は虞犯少年の療育は「児童自立支援施設」の領域であると知ってます。
「児童養護施設」で問題を起こした児童は「児童自立支援施設」に送致されるコトを知ってます。

しかし多くの方が「真っ赤なウソ」を信じた結果、このトンデモ話がまことしやかに拡散しました。
拡散主が児童ポルノを愛好する層に影響力のある人物だったようで[*4]
この「トンデモ話」が「信憑性のある話」として、たちまちのうちに拡散したようです。

私は元里子ですが、児童養護施設で育った可能性もあります。
施設と里親宅と育った環境は違いますが、おなじ「元要保護児童」として
児童養護施設にいる子どもたちに対する偏見を煽る行為は許せません。

私は里親制度は白紙撤回すべきと思ってますが、施設をヒイキするつもりもサラサラありません。
施設──とくに大舎制──が抱えやすい問題は認識してるつもりです。
それを「ひた隠す」つもりもないし、世間の目をそらすために「ウソ」で対抗するつもりもありません。

なぜなら私の関心は「要保護児童の利益」が守られるコトだからです。
子どもの利益を損なう問題は、施設だろうが里親だろうが、おなじように問題視します。
どちらか片方に感情的に肩入れして「敵」を不利にするために「作話」をデッチあげたりしません。
「味方」を庇うために「現実」をスルーしたり「緘口令」を発動するつもりもありません。
そんなクダラナイ活動に血道を上げる方々は「子どもの利益」よりも「里親の利益」のほうが大事なのでしょう。

ネットの上には、匿名だからこそ語られる「真実」があります。
しかし「無責任な流言」や「真っ赤なウソ」も多々あります。
(このブログだって、真っ赤なウソかも知れません。)
匿名だからこそ語られる真実と、匿名を隠れ蓑にした無責任な流言、
それを見きわめられる「眼」を養ってほしいと思います。
事実は事実として、ご自分の目で「現実」を見て確かめてほしいと思います。
偏見に目を曇らせるコトも、美化するコトもなく、ありのままに。



[*1]
自立後、実親を頼れない元里子は、ホームレスになってしまう者もいます。
違法な風俗(未成年を雇うのは違法です)や裏社会に入ってしまう者もいます。
これは里親制度が内包する非常に大きな問題であると思いますが
不思議なことに里親らが問題視しないので「問題」として取り上げられません。

[*2]
里親制度の七不思議に、里親委託された児童の「障害率が跳ね上がる」謎があります。
厚生労働省が調査して発表してる数値より「里親の自己申告アンケート」のほうが障害率が高いのです。

2歳以下の乳幼児の里親委託が実質ほとんど行われてないのは
「3歳前後にならないと障害の有無がわからない」から。
児童相談所の職員が「乳児を里親に委託しても、障害があるとわかると返品する里親がいて、
かえって子どもを傷つけるから」と述べておられるように
障害の有無を慎重に見きわめてから、里親に委託してるコトがわかります。

里親たちは「あとから障害がわかった」と言い訳してるようですが
それなら里親委託されない施設児童の障害率も、同じように跳ね上がるハズです。
しかし、専門家によって「障害の有無を見きわめられて」から委託された里子たちは
施設に残った児童より「里親の家で障害児になる率が高い」のですわ。
ま、この統計は里親の「自己申告」なので、里子の実際の障害率は闇の中ですケド。

発達障害や知的障害は器質性(生まれつきの障害)で治りませんが
情緒障害は「環境の障害」で「良い環境におくと改善する」モノであります。
里親たちが大好きな里子の障害に「情緒障害(愛着障害」がありますが
3歳前後で里親委託された子どもが思春期になって自傷や不登校になったり
情緒障害になるのは、里親の養育に問題があるように思われ。
里親たちは口をそろえて「施設が悪い」「実親の家庭環境が悪い」と主張するケド
里子がなつかないのは「里子に障害があるから」とするオトナになつかない里子は
きわめて子供らしい素直な振る舞いをしてるだけに思うの。
実際「夫になついて私になつかない」といって幼児の直腸を引き裂くような女に
なつかなかった里子さんの「感性・情緒」は、とても健康で真っ当に成長してたと思うわ。
この里子さん、男里親や実親にはなついてたんだから
自閉症や愛着障害といった「養育者の愛情を受け止められない障害」があるとは思えないし。
里親の「なつかないと直腸を引き裂く人間性」を感じとって「警戒」するのは「当然」よ。
それを「里子に障害が!里親は大変な苦労をしてる!」とする里親団体の「感性」のほうが異常。

また情緒障害は「発達障害」や「知的障害」のような症状が出る場合もあり
その子どもが情緒障害か、真性の発達障害・知的障害か専門家でも判断できないと言われます。
(自閉症が「治った」なんてトンデモ話があるのは、そのためです。)
里親に育てられて知的障害と診断された方が、思春期に施設に措置されて
2年後にはIQが100まで回復して「治った」なんて笑えない話もあります。

[*3]
施設出身を自称して里親制度を推進する女性ソウルメイトさん(仮名)が、某サイトに足跡を残しました。
時を数日前後して、里親団体の代表者の男性が、某巨大掲示板に削除要請してIPを自爆しました。
里親団体代表のIPは、仮名ソウルメイトさんのIPと、まったく同一でした。
ちなみに仮名ソウルメイトさんは、里親団体代表のサイトの「共同管理人」でもありました。

仮名ソウルメイトさんは、たびたび「里子に対する辛辣な発言」や「里親を賛美する発言」をしてました。
「里親が言ったらマズイだろー」や「里親が自分で言ったら恥ずかしいだろー」な本音を代弁するかのように。

また仮名ソウルメイトさんは、『里親から里子への児童虐待』の千代子さんと
『里親団体による言葉狩り問題』サイト(里親側の抗議で閉鎖)の管理人さんと
私の3人が同一人物と思ってるようで、そうと決めつける発言をしてました。
訂正するのもバカバカしくなるような「はあ?」なカンチガイですが、あとになってみれば
「ご自分がゲスなコトやってるから、ヒトもおなじコトしてると思うのね」って思いました。

事実は「仮名ソウルメイトさんのIPと、里親団体代表のIPがおなじだった」というだけです。
それ以上は、ご想像におまかせします。
ネット上に「証拠」があがってますので、興味があれば検索してみてくださいです。

[*4]
児童ポルノやロリコンマンガの規制に反対する立場の方みたいです。
児童ポルノやロリコンマンガについてはよくわかりませんが
この方々「ロリコンマンガを持ってる人はキモチワルイ、犯罪者」といったら怒るでしょうね。
しかしロリコンマンガ愛好家に対する世間の多数派のイメージは「キモチワルイ、犯罪者」で
規制したい側は「世間のイメージ」を武器にしてる。
それとおなじコトを、ご自分も「施設児童」に対してやってるワケです。
それについて、いまのところ謝罪も訂正もないようです。
そんなダブルスタンダードな方がなにをいっても説得力ありません。
非の打ちどころがない完璧なロジックでキレイゴトを並べ立てても
ご自分の立場と擁護するモノを正当化する「詭弁」を弄んでるとしか見えません。

また「規制派より自分たちのほうが子どものコトを考えてる」そうで
それを証明するために児童福祉分野で活動する的なコトも言ってるようです。
「自己実現のために子どもを利用するオトナ」がこんな動機でも出来あがる恐怖。

広告
コメント
  1. Mina より:

    そういえば千代子さん他が同一人物だ!というカキコを見た時
    万が一、同一人物でも特に問題ないんでは?一体なんでそんなに重大な事のように
    お話するのかなーと疑問だったのです。
    里親家庭で虐待された子が虐待まとめサイトつくっても、名称問題の理由に使われ疑問に思った元里子さんが、言葉狩り問題サイトをつくっても特に不思議ではないしどっちでもいい問題だと思いました。
    まあ里親やってるおっさんが施設出身女性のふりして里親賛美してたらかなり恥ずかしいと思いますけど….。

  2. Mina より:

    追加
    あれだけ職員へ憎しみをつのらせ虐待は許さないと叫んでるのに
    里親が子供を殴り殺した事件では特に攻めもせず、募金集めに協力。
    どう考えても???????です。

    支援がないと殺されても仕方が無いなんて制度はやはりなくなるべき。

  3. にぼし より:

    こんにちは。

    最近のビッグイシューの調査報告や『若者ホームレス』などでも、
    支援者の見出しにくい施設出身の若者がホームレス状態に陥り
    やすいことが問題であると数字を挙げて示されたりしています。

    社会的な様々な問題が、実はいろいろなところでつながっている
    という事実をもっと社会が真剣に受け止める時に来ていると
    思うのですが、まだまだ周知が足りないことがもどかしいです。

    よりよく良くも何よりも、最悪を回避することが急務なのに・・・・・

  4. 実質一名のソウルメイトの例の方 より:

    母親が統合失調症の設定ですが、精神保健の現場を知る者が見れば一発で判る、真っ赤な嘘ですね。
    措置入院は、自傷他害の恐れある患者の強制入院です。必要なのは指定医のサインとハンコだけ。医療措置ですから。本人や家族の同意は必要ありません。同意が必要なのは任意入院です。
    患者さんが死にたい、殺す等の発言あれば、医師の一言で100%措置ですよ。未成年の子供の同意なんて要りません。事後連絡はしますが既成事実です。
    在宅の患者さんは状態が安定してます。安定しなければ退院させません。患者が独居ならソーシャルワーカーと福祉事務所が絡んでます。福祉事務所が絡んでる患者が、自傷他害の恐れある状態で野放しにされません。有り得ませんよ。
    退院後は訪問看護師やヘルパーさんを定期的に派遣して観察します。様子がおかしければ、ソーシャルワーカーか看護師が訪問して入院を促す。同意が得られなければ即措置。
    精保の現場の者が見れば噴飯物の空想小説ですが、知らない人は信じてしまうのが問題ですね。恐らくは私の同業者と思しき方が例の方におかしな点を指摘しましたが、例の方はのらりくらり言い抜け。直後、ヒステリックなソウルメイト登場、指摘箇所は見事スルーで論点すり替え、アク禁して反論を封じました。
    その一軒まで恥ずかしながら、例の方を信じておりました。児童福祉は畑違いで事情を知らず、誇張はあっても8割本当だろうと。例の一軒で不信が芽生え、過去記事を漁り、矛盾や腑に落ちない個所がいくつも目に付きました。一気に疑惑に変わりました。
    実質一名の里親さん、真っ赤な嘘を堂々と吐く勇気は大した物ですが、設定が陳腐な空想小説は白けます。

  5. 海ママ より:

    グラジラスさん、皆さん、お久し振りです。
    例のブログ、久しぶりに見ようとしたら、今日も閉じてました。最近閉じてる時が多いです。筆まめで露出好きなあの方が、近頃おとなしくて不気味です。十年間、複数人格を使い分けて、ブログを書き続ける執念ある方が、自作自演がばれておとなしくし引き下がるしょうか。
    今頃別所で別人設定ブログの準備してたりして。元里子さん設定で、里親さんに会えて良かった設定のブログやったら笑えますね。

    例のブログに感じた違和感は、児童養護施設の子供たちや、里子さんたちを慈しむ気持ちが感じられなかった点でした。里親を語る言葉は美しいけど、里子さんへの憎悪が行間に滲んでて。里子さん達を憎んでるとしか思えなくて、理解に苦しみました。正体が判明した時は、手を打ち慣らして納得しました。
    あれが里親の本音なら、リアルホラーですね。怖い、怖い。

    >設定が陳腐な空想小説は白けます。
    同感です。

  6. より:

    よく考えてみて気づいたのが、「里親制度は昨日今日始まった制度ではない」ということ。なのに声が聞こえてこないです。

    高齢者の元里子もいるのですが、高齢者から若い元里子、年代関係なく声が一切聞こえてこないのが非常に怖い。
    ないことはないのですが、フィルター越しのものばかりなので、里子の本心はこのブログやたまさんのブログを除いたら皆無なのですよね。

    高齢者の元里子ならもう里親からの影響はないはずで、好きに言えるはずなのですが、私が見つけたのは一例だけです。
    この高齢者の元里子の一例というのが、非常に貧しい里親へ委託されて学校でイジメられ、耐えられなくて中卒で脱走し、働いたけどもいろいろあって現在はホームレスになったというものです。

    いつの時代のことか敢えて明かしませんが、二十代のホームレスを実際に見たことがあります。
    当時から不景気とは言われてたとはいえ、バイトでも仕事はないことはないという状態だったので、「なんて若いホームレスなんだろう。珍しい」と思ってました。
    髪の毛はボサボサ、真っ黒で、生気がなくて心配していたのですが、どこかへ行ってしまいました。

    よく見かけるタイプのホームレスとは違った独特の雰囲気があり、今でもはっきりと強烈に印象に残ってます。今にして思えばですが、この方は施設か里親の社会養護出身だったのかなって。
    憶測に過ぎないので実際は分からないのですが。

    里親制度を知り、里親が「里子の保証人になる危険性」をふつ〜に問題にしているのを見ると、この問題は昔も今も変わらないのだなと思います。

    親と死別、もしくは頼れないとなったら、施設以上に孤独であり、深刻。措置解除後も仲良く交流と言っても、そんなに人間の心理は都合よくできていなくて、交流があるのは少数だろうなと思います。

    今でこそ施設出身者の措置解除後の問題が議論されて、自立援助ホームの必要性等が認識されつつありますが、全く同じ問題を抱える里親制度の問題は相変わらず「存在しない」ことになってる。
    仮にグループホームが主体となったとしても、措置解除後の問題は変わらないので、本当にどうしようもない、手の打ちようがない立場の子供には特別養子縁組もあるよってことで、里親制度なんかいいからこちらを推進してほしいものですが。

    施設出身者と元里子の追跡調査をしたら、どちらが良い悪いではなく、どちらもさほど変わらない結果がでると思います。
    日本以上の里親大国のアメリカ、イギリス等の国でも全く同じ問題がありますし、日本だけ例外ということはない。

    逆に巷に流れる里親情報が事実であるとするならば、日本は「世界で一番里親制度が成功してる」ことになりますし、欧米を見習うのではなく、むしろ欧米は日本里親制度を見習えと言えます。

  7. gladiolus2009 より:

    >Minaさん

    そうですね。
    中年男性の里親が「女性のフリして」自分を自画自賛するのはハタ目にも恥ずかしいです。
    彼らの『里親団体の言葉狩り問題』サイトに対する攻撃に
    「もしかしたら、私たちがやってると思ってるのかしら?」と薄々思ってたんですわ。
    彼らの立場的に、千代子さんや私たちに「表立って抗議したり訴える」のは体裁悪いから
    「別人だと思って訴えた」というアリバイ作りなのでわ?と。
    だから彼らが突拍子もなく、千代子さんや私たちが同一人物説を語りだした時は「やっぱりねー」ってなカンジでした。
    私の勝手な推測ですが『言葉狩り』サイト管理人さんを攻撃するコトで
    「里親を悪くいうヤツはメタメタのギタンギタンにしてやるからな!(←ジャイアン風に)と
    間接的に私たちを脅してブログを閉鎖させるのが目的だったのでわ?と思ってます。

    私にとって施設での虐待と里親による里子虐待は同じくらい許せないです。
    「親」はやめられませんが、里親はいつでもやめられます。
    里子の養育は税金が使われ、里親は税金から報酬を受け取ってます。
    里親や施設の虐待は、一般家庭の虐待より罪は重いと思います。
    里親による里子虐待が発覚すると里親団体は「里親への支援がなかった」と言い訳しますが
    里子を虐待しながら、児童相談所の職員の前では「良い里親」を演じてるんですよね。
    虐待してる事実を隠してウソのレポートを毎月提出して「熱心な里親」と評価されてたり。
    それで虐待がバレると「児童相談所が支援してくれない」とかいっても責任転嫁としか思えません。

  8. gladiolus2009 より:

    >にぼしさん

    こんばんは。
    施設出身者については、東京都が現在進行形で調査を始めたばかりです。
    これまでも施設が独自で調査をしてたようですが、公的機関による追跡調査は今回が初めてです。
    過去に調査が行われてないので信憑性のある資料がないため実態は分かりませんが
    施設出身者や元里子はホームレスになりやすいと「私は」思います。
    それは、措置解除後の「よりどころ」がないからです。
    「施設で育つとホニャララ障害になるから」ホームレスになる者が多いのではありません。
    イザというとき頼れる者がないから、保証人がいない事や失業や収入減が
    そのままホームレスに直結してしまうと私は思ってます。

    施設出身者の追跡調査は今回の東京都の調査が史上初で
    ましてや「その子ども世代」の調査が行われたコトは一度もありませんのに
    「施設には、施設出身者の子どもが多い」と主張してる方がいます。
    その原因は「施設で育ったせいでホニャララ障害だから、マトモな家庭を築けない」とされてます。
    しかし、万に一つ、百万に一つ、施設出身者の子どもが要保護児童になりやすいとすれば
    「施設で育ったせいでホニャララ障害だから」って理由ではなく
    イザというとき頼れる者がいない、そのコトにつきると思います。

    頼れる身内や親がいない子どもは「養子縁組」で「育ての親」とめぐりあえるコトを願います。
    施設や里親のような「18歳で打ち切られる公共の福祉サービス」ではなく
    18歳以降も「よりどころ」となる家庭で育てられてほしいと心から願います。

  9. gladiolus2009 より:

    >実質一名のソウルメイトの例の方さん

    精神病や制度のコトはよくわかりませんが、現場からの情報ありがとうございます。
    じつをいいますと実質1人の例の方のブログは最近ぜんぜん読んでおらず
    そのエピソードは存じませんですが、例の方のお母様が統合失調症で自傷他害のおそれがあって
    措置入院で未成年者の同意が必要でウンヌンって記事があったのでしょうか?
    その矛盾を指摘した人にくってかかってアク禁したとか?
    もしそうなら、もう笑うしかないですね。

    実質1人の方々の発言で「オカシイ」モノはイロイロありますが指摘してません。
    指摘すると削除して平気で「なかったコト」にするので。
    自分が知らない世界の話は真っ赤なウソでも妄信して拡散するよな困ったチャンもいますが
    「わかる人はわかる」ので、「わかる人」のために晒させておきます。
    指摘する場合は、あらかじめ魚拓にとっておけばよろしいかと思います。

  10. gladiolus2009 より:

    >海ママさん

    おひさしぶりでございます。
    例の方のブログを知ったのは、アチラ様が「私たちがアチラ様をパクってる」と騒いでると
    読者の方からチクリがあったからですが、ぶっちゃけ、頭の中がハテナマークだらけになりました。
    私が違和感を覚えたのは、施設の虐待は許せないと激しく糾弾しながら
    それよりもっと悲惨な状態(死亡や重症)で子どもが発見されてる里親家庭の虐待は
    一貫して加害者の里親を擁護して、被害者である里子さんに批判的なコトでした。
    たった3歳で亡くなり、まさに「死人に口ナシ」状態で言い訳もできない子どもを
    亡くなったあとまで鞭打つようなマネがよくできるな、と。
    里親の利益や社会的評価を守るために子どもを踏みつけにするヒトは、里親になってほしくありません。
    亡くなった──里親に殺された──子どもの犠牲まで、ご自分のために利用するヒトは
    里親どころか「人間」をやめてほしいとさえ思います。

  11. gladiolus2009 より:

    >あさん

    フィルターのかかってない元里子さんなら、ネットで2件ほど見ました。
    1件は、里親制度や児童福祉とは無縁の企業サイトでしたが
    社長さんのプロフィールに「里親に預けられて、悲惨な少年時代を過ごした」的な内容が
    ほんの1行ほどでサラリと書いてありました。
    まだ若い社長さんです。戦争孤児とかの「昔の」里子さんの話ではありません。

    もう1件は、男性の個人ブログです。
    こちらも里親制度や児童福祉とは無縁のブログですが
    たくさんある過去記事のうち、ほんの1件だけ、里子だったコトが書かれてました。
    その方は、中学時代に1年ほど里親家庭に預けられた経験があり
    ビミョーなこともあったけど、全体的に「いい思い出」とのことでした。
    里親は里子を選べて、高年齢児より低年齢児が、男子より女子が人気です。
    中学生の男子を引き受ける里親さんというのは、めずらしいと思います。
    自分の願望を実現するためではなく、子どものコトを考えてる里親さんなんでしょうね。

    施設出身者の場合、最初の就職先と住まいの保証人は施設長がなってくれるようですが
    里子の場合、最初の就職先や住まいの「保証人」の保証さえありません。
    施設の場合、高校を中退したり卒業して措置解除になって、就職や住まいが見つからないと
    施設側が退園を猶予してくれるので「着のみ着のまま追い出される」コトはないと聞きます。
    その間に職員が奔走して「なにがなんでも仕事と住む場所を確保」した上での退園になりますが
    里子の場合、措置解除と同時に「着のみ着のまま追い出される」可能性もあります。

    とはいえ、措置解除後の問題の深刻さは、施設も里親も同じです。
    どちらで育っても措置解除後、「頼れる親がいない子ども」が問題なのです。
    そういう立場の子どもたちは「養子縁組」で「育ての親」にめぐりあってほしいと思います。
    愛情ある親がいる子どもは「家庭復帰」、それ以前に「親子分離の防止」を徹底してほしいモノです。

    里親制度は「家庭を知らない子どもに一般家庭を学ばせる」のが目的という方がいましたが
    ならば愛情ある親がいて、ある程度の年齢まで親もとで育てられた子どもは
    「親」や「家族」の概念はわかってるし、自分が帰属するべき「家庭」も知ってます。
    わざわざ里親家庭で肩身の狭い思いをして「他人の家庭」を学ぶ必要ありません。
    愛情ある親がいても、物ごころつく前に親子分離して「家庭」の記憶がない子どもは
    そのエネルギーと時間を「実親との親子の絆」を修復するのに注ぐべきです。
    まちがっても里親家庭でエネルギーと時間を浪費してはなりません。
    歪んだ家庭で育った「虞犯少年」や「非行歴のある児童」は
    里親側がケチョンケチョンに忌み嫌ってて、専門里親への委託も反対してるし。
    里親側は「被虐待児」も忌み嫌ってて、そもそも養育里親に被虐待児を預かる資格もない。
    そして以前から主張してるとおり「親に恵まれない子ども」は「養子縁組」がベスト。

    そう考えると、里親制度の必要性って、ホント見つからないんですよね。

  12. ルンルン より:

    はじめまして。
    個人的な話です。
    こちらのサイトを知り、無知な私でしたが、色々勉強させられ考えることがありました。
    それを踏まえたうえで聞いてください。

    私の両親が、時折冗談なのか本気なのか、「ルンルンが嫁いだら、寂しいな。どうせなら、養子を取って、もう一度子育てをやり直そう(私たち子供で失敗したから??)」と言う話がするんです。
    事実、私には年内中に結婚します。
    (私たち子供で失敗したから??の部分jは、おそらく私の兄と弟が、独立後めったに実家に顔を出さなくなってしまったからだと思います)

    両親の言い分としては、「お金も時間も十分にある。社会貢献もしたい」とのこと。
    事実お金はあります。
    私が大学入試の際、受験勉強をみてもらったこともあるので、学習面でのサポートも可能です。

    両親の話では、里親になりたいのか、養子を取りたいのかはわかりません。

    ただ、独立した子供としては、無関心でいていいのか、ちょっと判断に困っています。

    両親の本気度もわかりません。

    ただ、こんな軽い気持で、そういう選択を考えていいものだろうか?
    子供たちに失礼ではないのか。

    こちらのブログ記事を読み進めるうちに、そう思うようになりました。

    もちろん、私にとっては欠点も多々ありますが、尊敬できる人たちです。
    ですが、赤の他人の子供にとっても、尊敬に値する人間であるか、疑問もあります。

    血を分けた子供であるがゆえに、許せること、我慢できることもあるからです。

    ご意見をうかがえればうれしいです。

  13. gladiolus2009 より:

    >ルンルンさん

    レスが遅くなって申し訳ありません。
    文面を拝見しただけでは詳しいコトはよくわかりませんが、養子縁組はむずかしいのでわ?
    特別養子縁組は養親と子どもの年齢差が35歳以内とか年齢制限があるし
    基本的に実子がいないご夫婦が優先になるので。
    個人的な願望をいわせていただくと、養子になれる要保護児童がいるなら
    その子がハタチになったとき介護老人になってるかも知れないご夫婦(+実子付き)の普通養子になるなら
    実子がいない若いご夫婦の特別養子になって育てられてほしいわ。
    民間の養子斡旋団体も児童相談所も「特別養子」を希望する夫婦が列をなして待機してるの。
    子どもの利益を第一に考えるなら、子どものために身を引くって選択も「尊い」と思うわ。
    子どもの利益より、ご自分の欲求の追求のほうが大事なオトナが多いのも悲しい現実だけど。

    >社会貢献もしたい
    里親の多くが里親になった理由に「社会貢献したい」とか言ってるケド、これってどうなのかしらね。
    「社会貢献」の一環として逃げられない「善意」のスコールに晒される子どもはどうなるのかしら。
    激しい雨に打たれてズブ濡れの水浸しになっても鎖に繋がれて逃げられず、溺れもがいて苦しむだけ。
    里親はイヤになれば放りだせるし、実際、幼児期に引き取られて思春期になって放り出される里子は多いケドね。

  14. しげ より:

    この虐待の事実をなくすためにはどうすればよいか?考えなければならない。
    私は自分だったら、施設よりは家庭(里親)で育つ方が人間的に生活できると考えます。が、虐待家庭はもちろんいいやです。
    里子も里親を選べるようにしなければいけない。

    里親がする一時保護や緊急保護の手当は1日3600円ぐらい(食費、経費こみ)です。体が弱い子が来ると寝ずに看護です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中