「家事奴隷」タグのついた投稿

夏休みや冬休みは、憂鬱でした。
一日中里親の家で、彼らの悪意に晒されて過ごすのは、苦痛でした。
給食を食べられなくなる事は、当時の私には、とても辛い事でした。

私の学校生活は、惨めな物でした。
同級生に仲間外れにされ、親しい友達はいませんでした。
男子に苛められ、意地悪な女子のグループにも苛められていました。

それでも、学校は逃げ場でした。
里親の家より、安心して過ごせる場所でした。

長期休暇中は、一日も早く学校が始まるのを心待ちにしていました。
家庭で育てられている子供達が、夏休みや冬休みが大好きな事を、
羨ましく思うと同時に、子供ながらに漠然と、
彼らと私の間にある超えられない壁、
身分の違いのような物を、感じていました。

夏休みや冬休みになると、里親の実子達が
彼らの子供達を連れて、里親宅に遊びに来ました。
その事が、私の憂鬱を深くしました。

里親の親は、長年里親をやっているベテランで、
里親の親族に、里子は特殊ではなく、身近な存在のようでした。

彼らは、明治時代の地主が、小作人の奉公人に接するように、
私に接しました。
彼らには、それが自然な振る舞いでした。

里親の親族が集まると、里親の親達の世代が、
里子達をどのように扱っていたか、話を聞かされました。
彼らの話によると、里子は奉公人より低い身分とされ、
奴隷のような待遇を受けていたようです。
当時は、それが普通だったと言われました。
それに比べて、「お前は恵まれている」
「今の里子は幸せね」等、言われました。

里親家族と里子が、同じテーブルでおせちを食べる事は、
里親達にしてみれば、慈悲深い恩恵を施す行為でした。
私は、身に余る光栄として、その恩恵を受け止めなければなりませんでした。

里親の実子の中には、私にお年玉をくれる人もいました。
しかし、里親の実子の子供達と、同じ金額ではありませんでした。
里親の親族の子供達は、学年によって5千円から2、3万円を貰っていましたが、
私は、5百円か1000円でした。
それでも口々に「良かったわね」「今の里子は幸せね」と言われ、
私自身も、そう信じていました。

広告

私は学校で仲間外れにされ、孤立していましたが、
それでも学校は好きでした。

学校は、里親の家より安心して過ごせる場所でした。
孤立している事は、あまり苦になりませんでした。
同級生の意地悪な目線に晒され、悪口を言われるより、
一人で好きな事をして過ごす方が、気楽でした。

休み時間は、植物や動物を観察したり、本を読んだり、
ピアノやオルガンを弾いて過ごしていました。
同級生に鼻白まれ、親しい友達はいませんでしたが、
私なりに、学校生活を楽しんでいました。

夏休みは、憂鬱でした。
里親は、私が中耳炎を患っていると虚偽の説明をして、
学校のプールに行かせてくれませんでした。
地域のお祭りや花火大会にも、行かせてくれませんでした。

一日中、掃除と草むしりをさせられていた気がします。

炎天下、何時間も庭に出され、雑草を一本残らず抜いても、
里親の許しが出るまで、家に入るのを許されませんでした。

家中をピカピカに磨き上げ、塵一つ手垢一つ残っていなくても、
里親の許可なく掃除の手を休める事は、許されませんでした。
私は何も考えず、雑巾で床を擦り、窓を拭きながら、
時が過ぎるのを、ただ待つしかありませんでした。

殴る、蹴る、壁にぶつける等の折檻は、日常的に行われました。
私の身体から、腫脹や皮下出血がなくなる事は、ありませんでした。

背中や臀部、太股に、お灸を据えられた事もありました。
その時に出来た熱傷の痕が、今でも白っぽく残っています。

食事は、1日1回か2回でした。
お腹いっぱい食べられる事は、ほとんどありませんでした。
幸か不幸か、食後の後片付けは私の仕事でしたので、
里親の目を盗んで残飯を漁り、飢えを凌いでいました。

私は学校で浮いていました。
身の上や性格よりも、先ず見た目が異質でした。

服は何年も前の型の、古いお下がりでした。
里親に新しい服を買って貰った事は、一度もありませんでした。

頭髪は、里親が切っていました。
美容院に連れて行って貰った事は、一度もありませんでした。
洒落っ気のない散切りのおかっぱを、頭の後ろでゴムで束ねていました。
バレッタやヘアピン、シュシュ等、髪飾りは一つも持っていませんでした。

女の子はませていて、小学生でもお洒落に気を使いますし、
流行に興味を持ち、ファッションに拘りを持つようになります。
同級生の女子は、皆、気の利いた服装や髪型をしていました。
私は彼女達と自分を比べて、恥ずかしいと思っていました。

お風呂は、冬は週に1回、夏は2回か3回でした。
頭髪はフケが出て、汗や皮脂でベタベタになりました。
前髪やサイドは冬でも水で洗ったり、濡れたタオルで拭いたり、
少しでも清潔にしようと心掛けていましたが、
子供は正直で残酷な生き物なので、「頭が臭い」と言われました。

漂白剤や洗剤を手袋を装着せずに使い、ケアをしなかったので、
季節問わず手は荒れて、ガサガサに罅割れていました。
暖かい季節でも、皮が剥けて、痒痛に悩まされていました。
冬になると、手が真っ赤になり、酷い垢切れになりました。
垢切れが深く割れて、出血する事もありました。

4年生になると、私の学校生活は、益々惨めになりました。
「臭い」「汚い」「フケが出ている」「貧乏」等々、悪口を言われ、
一部の真面目で大人しいグループを除いて、仲間外れにされました。
私は捨て子で、ゴミ捨て場の生ゴミの中に捨てられていた等、
身の上について、根も葉もない噂を流されました。

同級生の中で、特に意地悪なグループは、
私に「生ゴミ」と仇名を付けて呼びました。

2009-08-03 15:59:48 | マロンの里親宅体験記

B宅は細かいルールが沢山ありました。
私は小さなルール違反を沢山犯しました。

入浴時間は30分以内がルールでしたが、オーバーする、
トイレを済ませた後、電気を消し忘れる、
家の中で走ってはいけないルールを忘れて、階段を駆け上がる等々、
慣れるまで、よくルールを破りました。

小さなルール違反も、体罰の対象でした。
顔を平手で打たれる、布団叩きや定規で臀部や背中を叩かれました。
足音がうるさいと言う理由で、壁に叩き付けられた事もありました。

6時半の起床時間に自力で起きられず、里親に起こされるのもルール違反でした。
寝坊の罪に対する罰は、平手打ちと朝食抜きの刑でした。

学校に行くまでの間に、食器を洗って片付けるのは、私の役目でした。
慣れるまではオーバーして、よく遅刻していました。

食器洗いと片付け、トイレと浴室と玄関の掃除が、私に決められた仕事でした。
それ以外に、里親に言いつけられる都度、家事を手伝いました。

子供だったので、慣れるまで、家事が上手く出来ませんでした。
浴槽の垢を洗い残した、食器の油汚れが落ちていない等、
家事が上手く出来ないと、罰を受けました。
食事を抜かれる事もあり、週に2回は夕食を食べられない日がありました。

慣れてくると、炊事以外の家事の大半は、私が担当する事になりました。
朝は忙しく、洗濯機を回してから身支度と食事を済ませ、
洗濯した物を干し、食器を洗って片付けなければなりませんでした。
洗濯物が多くて干すのに手間取ると、学校は遅刻でした。

家中の掃除も私の仕事でした。
窓に手垢が残ってる、ゴミが残ってると言われては、罰を受けました。

少しでも不服そうな表情や態度を見せると、
「お前の為に、厳しくしてるんだ」
「だらしない女のガキだから、だらしないのか」
「どこの馬の骨かもわからない私生児をうちに置いてやってるのに、感謝の気持ちはないのか」
「うちが嫌なら出て行け。乞食でもしてろ」等、罵られました。

一生懸命家事をやっても、粗を捜しては、私を罵り、殴りました。
ありがとうと言われた事、褒められた事は、一度もありませんでした。